九罰の悪魔召喚術
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

九罰の悪魔召喚術

著者: 折口良乃 (著者) / 戌角柾 (イラスト)
シリーズ:九罰の悪魔召喚術(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • ソラ

    内容(「BOOK」データベースより) 信仰心ゼロの少年・遠野九罰は、召喚した覚えのない美少女悪魔アイムに手を焼いていた。その様子を見た妹には微妙に嫉妬される毎日で、九罰には平穏なんて言葉は信じられなかった。ある日。街で悪魔が事件を起こした。九罰は、アイムの命を狙うエクソシスト・聖ルカと渋々犯人を探ることになる。ソロモン72柱の悪魔から、プロファイリングによって犯人を探るアイム。そこで判明したのは意外な事実で…! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ハロサイ

    悪役らしい悪役と戦わせておいてラストで妥協とか納得いかなさすぎるわ、いっそのこと続巻とか気にせず主人公殺して終わった方が数倍マシ。感情が伝わる描写があって気持ちを書かれれば入り込めるのに、気持ちを直接表現されて察してやらなきゃいけないのはなんだかなあ。ところどころ出てくる言い訳くさい解説も興ざめ。イラストがかわいいのがせめてもの救いだな。[☆☆---] 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 524

    ☆7.5 【自己犠牲野郎】キリスト教が普及している日本で悪魔と契約している主人公のファンタジーラブコメ。話の大筋や設定自体は結構好みなんだけどなあ…。主人公が向う見ず、短気、自己犠牲野郎の3点セットで全く好きになれなかったのと、最後のシーンが物語としてかなり怪しかったところ、あと冒頭シーンがなにもかも唐突で世界観に入って行けなかったのがマイナス。妹を大事にしているはずなのに命を捨てることにまったく躊躇しないってのはねえ…。【お気に入りキャラ:アイム】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • うたは

    7年ほど前に読んだ作品だが、思い返してみると内容はほぼ覚えておらず、どうやら私には合わなかったようだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 割れたオカリナ

    突如として現れてた炎の悪魔アイム、それを切っ掛けにエクソシストや他の悪魔たちが彼らの周りでひしめき合う 日本が全面的に宗教国になってるって設定は僕の中では見かけたことがなかったから新しいな あとたまに甘えてくるアイムがかわええです そしてブネはいったいどんな伏線なんだろうね 次巻からも期待です 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/05/10
  • 定価
    590円+税
  • ISBN
    9784048678216

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル