あおはるっ!
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

あおはるっ!

破天荒な住人による、青春群像ラブコメ開幕!!
著者: 内田俊 (著者) / Tiv (イラスト)
シリーズ:あおはるっ!(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ここは「謳歌荘」――夢を追いかけるバカな高校生が集まる場所。ラノベ作家を目指す新堂有、ロックを追い求める住吉小町、編集者を目指す源いずみ。3人はそれぞれの目標のため日々努力をしながらも、ハチャメチャな毎日を過ごしている。「物語創作は経験が命!」と言っては女装をしてみたり、「ロックとはギターを振り回すこと!」とギターをぶっ壊したり、「編集は叩くもの」とドS根性で居住人をいじめたり……。そんな彼らの元に新たな入居者・葵すずが現れる。なぜか自分の夢を語らない彼女の登場により、謳歌荘の日々は少しずつ変化していき……? 真面目だけどおバカな4人の高校生で贈る、青春×群像×破天荒ラブコメ堂々開幕!!

みんなからのレビュー

  • ソラ

    夢を追いかける人々が集まる寮を舞台にした作品。登場人物に引っかかるような人もいなくて読みやすかった。次も読んでみようかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • (●▲●)とらうまん(*^◯^*)

    ひとつの寮を舞台におくる、夢を追いかける少年少女たちの青春ストーリー。 劣化版さくら荘なんてレビューを見かけたこともありますが(オレは本作の方を先に読みましたが)、わからんでもないですw ノリは良い意味でおバカなので、シリアスな場面もそこまで暗くなることなく読めました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 謡遥@ぼっち党員

    最初の五行が脳内再生CV大塚芳忠になってしまうのは中二病でも恋がしたいを見過ぎたせいです。断言。ちらほらネタが入ってると最初は気付きませんでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 1_k

    ちょっと立ち上がりが遅いかな。群像劇的なところがあるので、その影響か。そのため、「謳歌荘の日常」路線なのか、ちゃんと事件が起こってストーリー展開があるタイプなのか、ハッキリしない。終盤は怒涛の展開すぎて、もう少し前半から動かしていけばそこまで頑張って詰め込まなくても良かったのに。背景設定の盛り込みも、長所であり短所でもあるように思う。キャラはいいので、どっちつかず感が勿体ない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 謡遥@ぼっち党員

    さあ夢を追いかける学生寮!ということで確実にさくら荘のペットな彼女を思い浮かべたのですが、正直比べられないと悟りました。まず起きる出来事の質が違うので、目指している場所も相応に違うはずです。僕はこっちのイベントの方が好きかもしれない。もっともろもろ細かく描写してくれてもいいと思ったけど、淡々とした三人称で後半の雰囲気が締まっていたから、これもこれでアリと判断。だって面白かったから。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/07/30
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840143714

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル