ソードアート・オンライン 1 アインクラッド
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ソードアート・オンライン 1 アインクラッド

「これは、ゲームであっても遊びではない」
川原礫 (著者) / abec (イラスト)
シリーズ:ソードアート・オンライン(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

クリアするまで脱出不可能、ゲームオーバーは本当の“死”を意味する──。謎の次世代MMO『ソードアート・オンライン(SAO)』の“真実”を知らずログインした約一万人のユーザーと共に、その過酷なデスバトルは幕を開けた。 SAOに参加した一人である主人公・キリトは、いち早くこのMMOの“真実”を受け入れる。そして、ゲームの舞台となる巨大浮遊城『アインクラッド』で、パーティを組まないソロプレイヤーとして頭角をあらわしていった。 クリア条件である最上階層到達を目指し、熾烈な冒険(クエスト)を単独で続けるキリトだったが、レイピアの名手・女流剣士アスナの強引な誘いによって彼女とコンビを組むことになってしまう。その出会いは、キリトに運命とも呼べる契機をもたらし……。果たして、キリトはこのゲームから抜け出すことができるのか。 第15回電撃小説大賞<大賞>受賞作『アクセル・ワールド』の著者・川原礫!

みんなのデータ

  • 3517
    評価する
  • 5672
    読みたい

みんなからのレビュー

  • mitei

    巷で有名なソードアートオンラインをやっと読み終えたが、ネトゲの発展版としてとても面白く読めた。似たようなシナリオでバルドシリーズもあるが、そっちはネットと現実を行ったり来たりするのにたいし、ソードアートオンラインは現実に帰るために戦うという設定が良かったな。しかしネット以外の人物が出てこないのもすごいなと思った。続きはどうなるんだろうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 海猫

    現在放送中のアニメを見て内容は知っていても展開がキビキビしていてあっという間に読めた。面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くろり - しろくろりちよ

    仮想大規模オンラインロールプレイングゲーム・VRMMORPG≪ソードアート・オンライン≫の世界アインクラッドに捕らえられた約一万のユーザー。ゲーム内での死はそのまま現実の死を意味する。クリアを目指す攻略組、その中でもトップクラスのソロプレイヤー・キリトとアスナ。仮想空間で二人は出逢い、恋し、守り合い、結婚して、また戦場へ…。ラブとファンタジーがぎっしり詰まった本は楽しくて切なくて夢中になって。展開早いのが勿体ない…もっと引っ張れるのに!この本から帰りたくなくなるくらいの夢。続き、どうなるんだろう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ひめありす@灯れ松明の火

    先に『アクセルワールド』を読んでいたので、こちらにも手を出してみました。普段殆どゲームとかしないので、王道のボーイミーツガールでファンタジーとして読む。川原さんは本当に、ネットゲームとかMMORPGとかが好きで、それに深く関わってこられた方なのだなあ、と思いました。だからこそ、少年の物語の最後に、現実の世界でももう一度戦う為の力を、手段を与えている。現実は何処まで行っても現実で、でもその現実の中にだって何処にだって冒険はある。生きていく事は全部冒険なのだと、そう逆説的に教えられたような気がします。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • bookkeeper

    ★★★★★ 再読。フルダイブ型RPGに囚われ、ゲームクリアによる脱出を目指す人々を描く、と解説不要なまでの傑作シリーズの第1巻。 人気が出て続編に繋げられるか分からなかったんだろうけど、この舞台設定とキャラクターで、1冊で一応完結させちゃうのは贅沢過ぎ・勿体なさ過ぎ。そのおかげでプログレッシブを楽しめているんだけど…。 人の死に責任を感じて孤独に身を置くキリトとアスナが少しづつ距離を縮めていく過程が心地よい。 「間に合った…間に合ったよ…神様…間に合った…」このシーンは読む度ゾクゾクする。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • つむぎの【おれラノ連動】まとめ 2023年2月号
    綴野つむぎが作成したまとめつむぎの【おれラノ連動】まとめ 2023年2月号で紹介されています。
    0
  • おすすめタイトル
    すずが作成したまとめおすすめタイトルで紹介されています。
    2
  • ゲーム内の死は現実での死を意味してしまう世界
    iceが作成したまとめゲーム内の死は現実での死を意味してしまう世界で紹介されています。
    3

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/04/10
  • 定価
    715円(本体650円+税)
  • ISBN
    9784048677608

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK