アンダカの怪造学 10 空井伊依の伝説
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アンダカの怪造学 10 空井伊依の伝説

そして、少女の夢は伝説に――! シリーズついに完結!!
著者: 日日日 (著者) / エナミカツミ (イラスト)
シリーズ:アンダカの怪造学(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

人類に宣戦布告したアンダカの魔王軍も、伊依と舞弓の活躍で、残るは悲哀大公と魔王のみ! ついに最終決戦が迫るなか、伊依は人類と怪造生物の共存という夢を実現できるのか!? 人気シリーズ、ついに大団円!!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 鬼神ザビエル

    最終巻。 ハッピーエンドで良かった!総長の美味しいとこ取りは…でも良かった! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ふと思い立って1巻からジグまでまとめ読み。久しぶりに読んで、ああ、うん、いいですねええ、こんなだったこんなだった、と内容をわりかし覚えているのに初読の新鮮さも感じさせる面白さでした。やっぱアンダカ好きだなあ。世界を背負って必死に歩く女の子の話だけれど、もっと単純明快な、青春と成長の話でもあるんだなあ。敵味方脇役、色んな人のそれぞれの人生がなにげなく描かれているのが良い。彼らのその後が垣間見えるような綺麗な終りににまにま。欲を言うなら、すっごい関係ないけど遊と伊依のいちゃらぶを短編集とかで読みたかったな!笑 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ソラ

    内容(「BOOK」データベースより) 虚界の怪造生物を率いる魔王の軍勢と人類の戦いにも決戦の時が訪れた。人類側の最終兵器として、魔王の城へ突入した伊依。だが、怪造生物は友達だというポリシーを貫く彼女は、魔王をも救わんと決意を胸に秘めていた。ついに魔王と対面した伊依は、魔王と怪造学会総長・激流院潮静、そして彼らが愛した一人の女性の物語を明かされるが…。はたして伊依は、人類と怪造生物の共存という夢を実現できるのか 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ユウ@八戸

    よかったねきのこさん…!ここまで綺麗に終わるとすっきりしますね。序盤の、舞さんとか校長とかラブコメっぽいとこも好き。その後が語られる終わり方は大好きです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ななみん

    長い長い物語もいろんな意味で総力戦な最終決戦でした 決戦前夜の和やかで幸せな雰囲気になぜか不安感が募るのは日日日作品読みすぎのパブロフ的な反応か クライマックスは安定の涙腺崩壊でした お見事な締めでした エピローグも最高 ただ くるさだんちゅら 活躍しなかったのが心残り さて ジャンクガールジグへ続くぜ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK