アクセル・ワ-ルド 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アクセル・ワ-ルド 1

著者: 川原礫 (著者) HIMA (イラスト)
シリーズ:アクセル・ワールド(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

みんなからのレビュー

  • くろり - しろくろりちよ

    未来、誰もが手軽にバーチャルワールドを体感できる小型マシン・ニューロリンカーを持つ世界。主人公のデブでフラジャイル…劣等感過多で卑屈になりがちなハルユキが、「ブレイン・バースト」をインストールし、加速された世界を知る物語。ソフトを送った黒雪姫の存在が、ハルユキが自分自身と向き合う力をくれる。ストーリー、キャラクターともに他シリーズより劣るが、世界感は良。アバターも飛行タイプなど多彩で、今後が楽しみ。可能性を感じる一冊目。続刊に期待。因みに川上稔さんの「解説」とアバターのイラストが最高。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • チェシャ猫

    アニメで見たのが気になってて、買いました。イマイチ黒雪姫がハルを好きになった理由がよく分からないけど(一応書いてあったけど しっくりこない)、黒雪姫のデレ具合はよいです。劣等感の塊が上を望んで足掻き、守り抜き、自分の存在を轟かせた姿は感動です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あっか

    とうとう手を出してしまいました、アクセルワールド!これぞライトノベル!な楽しさが味わえる小説です。近未来そうなりそうだなーと思わせるバーチャルの仕組みや描写は、ソードアートオンラインと同じくさすが。難しいことはよく分かりませんが(笑)楽しいです。物語もミステリ要素があってドキドキしました。まったく予想していなかったので、まさかまさか!既刊数にひるんでいましたが、楽しんで読みつつ追いつこうと思います^^ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 流言

    ボーイミーツガール。抜群のリーダビリティが特徴的で、流石はライトノベル界屈指の小説家の作。このリーダビリティがこの作品をライトノベル足らしめているという印象。ローファンタジー・近未来の世界観と作品の肝となる『ブレイン・バースト』の設定もナチュラルに受け入れることができた。作中に登場するプレイヤーが子供ばかりである点や、圧倒的な存在である黒雪姫をパートナーに持ちながら主人公が立ち上がらざるをえない状況をスムースに整える点はいかにも洗練されていると言える。パーツこそ個性が目立つがいかにも王道を描いている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Kenichi Yanagisawa

    本の内容を一言で表現すると、映画マトリックスの秋葉テイストって感じでしょうか。 最初の数ページだけ、大丈夫か?読みきれるかという不安はあったものの、しっかりとしたプロット、爽快なスピード感があって、なかなか面白かった。 主人公はデブでいじめられっこ、でもある領域ではずば抜けた才能があり、それを見いだした姫に救われるという話が展開されていく、キャラづくりとはいえ、主人公の卑屈さだけはちょっと痛すぎて、マイナスポイントでしょうか。 表紙の絵代えてくれたら、続きも読んでみたいですね。(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/02/10
  • 定価
    570円+税
  • ISBN
    9784048675178

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル