灼眼のシャナ 17
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

灼眼のシャナ 17

どうして──私に手を伸ばすの、悠二?
著者: 高橋弥七郎 (著者) / いとうのいぢ (イラスト)
シリーズ:灼眼のシャナ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

[仮装舞踏会(バル・マスケ)]の盟主・“蛇”との戦いに敗れ、シャナは『星黎殿』に幽閉された。 炎髪も灼眼も、今は紅蓮の煌きを失い、大太刀『贄殿遮那』は取り上げられた。自在の黒衣『夜笠』を身に纏うこともできない。なにより、魔神“天壌の劫火”アラストールの意思を表出させる神器“コキュートス”すら奪われている。 ベルペオルの宝具『タルタロス』によってその異能を封じられたシャナには、抗(あらが)うすべは残されていなかった。 ──命を狙う存在がすぐそこまで迫っていたとしても。 星空を背に、その“紅世の王”は現れた。不意をつかれたシャナの見据える前で、“紅世の王”は抹殺の意思を呟く。 「おまえは──要らない」と。

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    祭礼の蛇に敗れたシャナはアラストール,フレイムヘイズの力を奪われバルマスケの本拠地「星黎殿」に幽閉される。“祭礼の蛇”坂井悠二を中心としたバルマスケは祭礼の蛇の神体を呼び出す為の大命詩篇の第二段階へと進む。対するヴィルヘルミナはシャナ奪還の為、仲間を募るも拒否され一人で乗り込もうとすり。その姿を見たフレイムヘイズも纏まり始め…。シャナ幽閉編。ついに祭礼の蛇本体を顕現させる為の儀式が始まる。しかし自分の主張一辺倒で誘拐監禁と変態じみてきたな悠二wそれで僕は怖くないよって近づくのは完璧犯罪者の所業wシャナが→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タク

    初期より描写力が上がってるのは確かだし、物語も引き締まってる。なのに、二つ名が連呼されるたびに背筋を怖気が走る。つーかサムいっす!/最後の最後に痴話喧嘩、みたいなのは正直勘弁なのだけど、そっちのルートに突き進んでる感 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ynor

    アニメがここまで来たので積んでいたのを崩す。相変わらず言葉選びがオタク好みで素晴らしい。カッケーと思うけどヤンキーのカッケー言葉選びと近い感じ。どちらにしても一般受けは気にせず唯我独尊。ラストまでアニメに先んじて読んどこう。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 紅狐

    大規模な戦闘の準備回。捕らわれのシャナを救出しようとする面々、主を呼ぼうとする仮装舞踏会と、それを阻止しようとするフレイムヘイズ達。毎度のことながら、登場人物が多く、チラ見せのキャラもいるので、名前の忘却が著しい。あと二つ名の意味が分からないのが増えてきた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Kamikami

    評価:★★★★ シャナが囚われの身に。嵐の前の静けさ、という感じでストーリー自体はあまり動かず。ヒラルダを使って我が身を犠牲にしてでも悠二を助けようとする吉田さんと、そんな彼女に「強すぎる愛は怒りや殺意を加速させる。愛を無条件に利他的な感情と捉えることはその地の夏を思って冬を思わないようなもの」というカムシンの言葉が印象深い。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2008/11/10
  • 定価
    561円(本体510円+税)
  • ISBN
    9784048673419

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK