吸血鬼のひめごと
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

吸血鬼のひめごと

レレナの “非日常” が、再び始まる——!
著者: 鈴木鈴 (著者) / 片瀬優 (イラスト)
シリーズ:吸血鬼のひめごと

あらすじ紹介

仲間たちとの哀しい別れから二年。“半吸血鬼”であるという秘密を隠して高校に通うレレナは、親友の絵里香にもそのことを打ち明けられずに悩んでいた。 ある日、レレナはクラスメイトの青磁と共に、学校の体育倉庫で少年の姿をした吸血鬼・朧と出会う。 朧は吸血鬼の中でも、最も力の強い “主人” であるにも関わらず、なぜか衰弱しているようで……!? 打ち明けられない秘密、人の欲望を喰らう化け物 “貪” の存在、そして新たなる仲間たち。 吸血鬼・朧との出会いが、レレナを再び “非日常” へと誘っていく……。 衝撃のラストが話題を呼んだ 『吸血鬼のおしごと』 の続編が、満を持して登場!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Humbaba

    本当に欲しかったものとは違う結末。不満が残るのは確かだが、では何も得られなかった方が良かったのかといえば、それよりはマシである。時間が立てばその時の自分の決断が間違いだったということもわかるが、一度手に入れたものを手放せるかといえばそれは別の問題となる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • レレナがおしごとよりも大分成長して強い子になってます。かつての大切な人を思い起こさせるような今の友人たちとの関係がどうなるのか楽しみです 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 私的読書メモ3328

    前作となる「吸血鬼のおしごと」は個人的に非常に思い入れが強いシリーズでした。完結からかなり経って、この続編が書かれたことは知っていましたが、そのままにしておきたくて読まずにいた本シリーズ。前作とはかなり違ったテイストの作品でした。かなり真っ直ぐな青春もの、いかにもこの時代のライトノベルらしい読み味になっています。しかし、人間の心の醜い部分を容赦なく描くところなど、著者の「らしさ」は存分に発揮されており、思い出補正もあるかもしれませんが、かなり楽しく読めました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 縁栞

    ★3  ≪ 吸血鬼・朧との出会いが、レレナを再び “非日常” へと誘っていく…… ≫ 人として生きると誓った吸血鬼の物語、待望の続編。 前作の終盤が全体的に救われない内容だったおかげで、一部から「黒作家」なんて呼ばれてる作者。 今回はその不名誉(?)な称号を返上できたのではないでしょうかw    いずれ、また前作から読み返しをしたいところです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • きゅりうむ

    レレナの成長が著しい。そして絵里香と朧は死ぬ気がする。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/11/25
  • 定価
    693円(本体630円+税)
  • ISBN
    9784840240680

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK