ふぉっくすている? 4本目
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ふぉっくすている? 4本目

凪と橘のうかつでほのぼのスクールコメディ第四弾!
著者: 冬木冬樹 (著者) / 犬洞あん (イラスト)
シリーズ:ふぉっくすている?(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

相変わらず不遜な橘だが、凪に気に入られようとアルバイトを決める。「自分と凪しか持っていないもの」が欲しくて、凪にプレゼントを贈ることにしたのだ。ところが当然のように橘の働きぶりはぎこちない。「……ごちゅうもんは、なんめいさまですか……?」うーん、いささか不安が……。凪と橘のスクールコメディ第四弾!

みんなからのレビュー

  • 伽達真林

    日常面での面白さは安定。今回は巫女服にウェイトレスなどと定番どころを手堅く抑えている。だけどシリアスになってくる後半はやっぱりちょっと…。凪はあっさりと正体ばらしすぎだし、ばらされた側も落ち着きすぎ。これまでひた隠しにしてきた意味が薄れてる。一巻から仇敵みたいになっていた九条も簡単に決着がついたっぽいし、こんなんでいいのだろうか。ヒロインの橘もただ主人公に迫るだけで、相変わらずのワンパターン。何の成長もしていない。さすがにもうマンネリ化か 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 無銘

    妖怪バトル+ラブコメ。相変わらず凪の全方位お人好しと橘のウザ可愛さが炸裂してます。今回は赤染さんとの距離が縮まり、日常サイドの代表とも言えた彼女が今後は妖怪サイドの話にも絡んできそうな予感。そして九条との決着。きれいな九条さんには吹いた(笑)。バトルは、迷う凪と背中を押す橘という流れがデジャブすぎてややうんざり。とりあえず明確な敵対者はいなくなった気がするので、次巻はどうなることやら。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アツシ@疾風(仮)

    面白いことは面白いんだが,そろそろ橘を殴りたくなってきた。橘のウザさが半端じゃない。これがメインヒロインだと言うんだからおかしな話。ここまでヒロインに魅力がない作品も珍しい。1巻を読んだ時点では『橘も今後周囲の人間を認めたりとか,様々な面で成長していくんだろうなー』と思っていたのですが,4巻になってもいっこうに成長する様子がない。こういうヒロインだったらもっと成長させないと意味がないよ。わがまましか言わないヒロインには全く魅力を感じない。藤紫とかサブヒロインは可愛いんだけどね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • てりあ

    面白くなってきた雰囲気を感じつつ、流石に4巻は手遅れだと思う。橘可愛い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • けろけろ

    藤紫の『中に誰もいないじゃないですか』に笑ったw クールなようで茶目っ気たっぷりな藤紫かわいいよ藤紫。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2012/11/05
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784840139724

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル