沙の園に唄って
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

沙の園に唄って

少女は運命の<詞>に耳を澄ました--。第19回ファンタジア大賞佳作!
著者: 手島史詞 (著者) / 井戸端海二 (イラスト)
シリーズ:沙の園に唄って(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

"3年前に記憶と故郷を失い、""森の魔女""と恐れられてきた少女リッカ。優しい唱術士と無愛想な傭兵に出会い、自分が伝説の「神子」だと知るが――。<詞>が織りなす美しき第19回ファンタジア長編小説大賞佳作受賞"

みんなのデータ

  • 1
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • みどり

    この作家さんのデビュー作、やっと読んだ。最近はよく読む作家さんだけど、デビュー作を読むと、ルーツがわかる気がするよね。もちろん、今のほうが断然うまくはなってるとは思うけど。結構よい本だと思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みるく

    この頃はまだ編集部の解説がついていたんだよなあ( ̄▽ ̄) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 雪璃

    再読。雰囲気が好き。既存の色々な話を彷彿とさせるけれど。恋愛色が強いかな。カノンの不器用な優しさがいい。オボロは盲目の設定無くても良かったんじゃないかと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • NOB

    影執事マルクシリーズの作者のデビュー作との事で購入。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • にぼし

    すごく好みの世界観とキャラクターたちだった。密度の濃い物語が凝縮されているけれど、決して詰め込みすぎではなく読みやすい。一冊で綺麗に完結しているのは見事だけど、この素晴らしい世界観を数巻かけてじっくり読んでみたかったという相反する気持ちもあるような。キャラクター同士の関係性は行間を読んで想像させる部分があるのも良かった。特に大樹のような安定感で傍らにいるカノンとリッカの恋は、一見唐突なようだけど説得力と必然性が感じられてとても好き。リッカはきっと歴代の神子たちより長く幸せに生きられると信じたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK