扉の外 3
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

扉の外 3

それは “銃と弾丸” がすべてのゲーム――。
著者: 土橋真二郎 (著者) / 白身魚 (イラスト)
シリーズ:扉の外

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「三つ目の扉をくぐり抜けゴールしたプレイヤーには、外への脱出と、そのほか副賞として豪華特典が与えられます。 こぞって参加いたしましょう」 密室に閉じこめられた二年二組の生徒たちに “人工知能ソフィア” を名乗る存在が、状況を打開する方法として提示したのは “オンラインゲーム” だった。 とにかくやるしかない、とクラスで協力して、その “ゲーム” を進めているうちに……! “誰” が “なんのため” に生徒たちを隔離したかがついに明らかに。 シリーズ完結編、登場!

みんなからのレビュー

  • ハッシー

    閉鎖空間で徐々に追い詰められていく人間の精神状態、そして崩壊を良く描けている。ちなみに、作者は富士の樹海で遭難した経験があるそうです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    シリーズ完結巻は百合百合したガンサバイバルゲームな話。最終巻なのに、これまでで一番微妙でした。このシリーズ最大の持ち味であった、閉ざされた世界で起きる高校生男女たちの醜い争いや心理描写があまり活きていなかったように思います。肝心の展開も物語の真相を明かしたのは良いんだけど、本当に明かしただけで終わってしまうので消化不良感がハンパない。シリーズを通してストレスの溜まる展開が多かっただけに、最後に爽快感が無かったのは少し残念でした。ゲーム内容、展開、キャラクター共に2巻が一番良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • miroku

    バーチャルと現実との境界線と言う問題も、根源的謎も置き去りにして、ただ面白いだけと言う点に不満あり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    感想埋め。ガンサバイバルゲームという、これまでのゲームとは毛色の違うゲームが題材になっていたが、正直、ヒリつくような心理戦を求めていると肩透かし感がある。真相を明かすだけ明かして終わりなのも、ちょっと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たく@ぼっち党員

    中の中かな。完結。最終巻にして、今までの生々しさや鋭さが鈍った感じ。これで終わりでしょ?なんともモヤモヤした終わりだなぁ…ハッピーエンドでもバッドエンドでもないのね。すっきりしないな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/09/25
  • 定価
    590円+税
  • ISBN
    9784840239806

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル