“文学少女”と慟哭の巡礼者
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

“文学少女”と慟哭の巡礼者

著者: 野村美月 (著)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ビター&スイートな物語、衝撃と感動の第5弾!

みんなからのレビュー

  • まりも

    再読。テーマは「宮沢賢治」心葉と美羽の過去に迫る話。純粋無垢な心葉を愛し、そしてそんな彼を激しく憎む美羽。家族同士の悪口を聞かされ、心が澱んでしまった彼女の切なく、激しい想いはとても強烈で、何よりも心に残りました。こんなに辛い気持ちをずっと胸に抱いていたなんて、考えるだけで胸が張り裂けそうだ。ななせの頑張りや、千愛の問題の深さなど色んなものが見えてきた、文学少女の中でも一二を争うくらいインパクトのあるお話でした。希望の光と、波乱の予感を感じさせるラストもすごく印象的。次巻も読みます。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • スズ

    冒頭は心葉とななせさんとの初詣。心葉の事を意識しまくりで、心葉の事が本当に好きなんだなとニヤニヤさせられた。美羽がついに登場し、心葉は美羽に気持ちの容量が割かれすぎて、ななせさんに対して冷たい態度を取ってしまい、琴吹さんを傷つけたくないと思う反面、美羽に対して優しさという名の依存をしてしまうという心葉の心情が丁寧に描かれていた。胸が痛む展開が続くが、遠子先輩の優しさと包容力が胸に染みわたる感じがした。誰かが見捨てずに側にいてくれるって、本当に幸せだし、それだけの絆を築くことができる人もすごい人間だと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • マーム

    〝文学少女〝シリーズ第5巻。今回のモチーフは『銀河鉄道の夜』。人と人がわかり合うというのは本当に難しい。そばにいて、いつも行動を共にしていても、理解できているとは言い難い。いや、そもそも他人を完全に理解することなどできるのか?あの頃、二人は同じ時間を共有していましたが、同じ想いを共有できていたのでしょうか?。なかなか近付けない理想の自分。自分に無いものを全て持っているように思える他人。憧れ、嫉妬の中から芽生えるめちゃくちゃにしたいという暴力的な感情。傷付き苦しんだ二人にとって今日が新たなスタートライン。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    ななせと距離を縮めた心葉。しかしななせが突然入院したという知らせが来る。見舞いにいったその病院で、ついに片時も忘れたことのなかった幼馴染の朝倉美羽と再会する。昔と変わらず笑顔で接し、心葉に会いたいがために頑張ったという美羽、そしてななせや芥川君の事を信用するなといい、美羽の言うことを信じ、心葉の周囲の絆は崩れ始める。美羽の本当の目的とは?本当の姿とは?ついにきた美羽回。心葉は常に抱えていた闇の部分の美羽との出来事の話。テーマ本は宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」。ついにジョバンニとカムパネムラの物語が来たかw→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちはや@灯れ松明の火

    本当の幸いを求めて、宇宙の彼方まで一緒に旅をしようと繋ぎあっていた手と手、今は冷たい闇にふれるばかり。もう還らない砕け散った日々、同じ景色を観ながら違う色を見ていたふたり。空に想いを馳せる美しい羽が紛い物だと、隠していた、気づかずにいた。すれ違い入れ替わった道はもう戻れない、吐き出された毒と記憶に潜む欠片が心を裂く。幸いなんて、どこにあるのだろう。見上げれば満天の星、ひとつひとつに浮かぶ物語。一緒に夢を描いた、並んで旅をした、それだけで幸せだった。天に焦がれるようにその背を見ていた。空に、似ていた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/09/11
  • 定価
    620円+税
  • ISBN
    9784757736856

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル