疾走する思春期のパラベラム デイドリ-ム
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

疾走する思春期のパラベラム デイドリ-ム

著者: 深見真 (著)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 秋庭誠

    一気に、話の幅が広がってきた!さて、ここからどうなるんだろうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 神紙

    四神の登場や諸々新キャラ新設定ブッコミで一気に風呂敷を広げた巻。少し群像劇風味か/キャラクターのなかでテーマで区切られていったような印象。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Sleipnirie

    レズセックスだらけなので、男子同士の関係が初々しく見える。部長の謎の可愛さ。 主人公と志甫もいちゃいちゃし始めてる。かわいい。 今回は映画部が本格的に自主制作を始めたさなか、部員の一人である志甫の過去に関わる事件が発生する話。ユングネタも出るよ。 倒すべき組織もはっきりしてきた。次の展開も楽しみ。 あと、デ・ニーロとアル・パチーノが共演する『ヒート』が面白いのは確か。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 伊武

    今巻で一気に増えましたね、同性同士の濡れ場的な絡み。今までオブラートに包んでいた分、いきなり直球的な表現が飛び交いあって、作者にようやくエンジンがかかったような感じ。1、2巻で物語の土台の箱を作り上げ、今巻から箱の中を上手く作り盛り上げようとする展開でした。各勢力が動き出し、力を持った主人公達がこの先如何なる選択をとるのか、先が気になる引きは毎度素晴らしい。何だか主人公の周囲が特殊な人ばかりなので、序盤の志甫のこと意識して悶々している日常パートの一兎は殺伐とした中でも思春期していて良かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • makarinx

    各勢力の関係とか思惑がだんだん明かされてきているけれども、スケールがデカすぎてあんまりピンとこない。心理学的モチーフのちりばめかたもあんまり好みでない。とはいえ特につまらないわけでもないのが自分でもよくわからない。ところで睦美さんてばどんなバイトしてんですかw 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/09/11
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784757736818

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK