この広い世界にふたりぼっち
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

この広い世界にふたりぼっち

「私と結婚してもらえないだろうか」狼に求婚された時、咲希の世界は神話へと変わる!新人賞佳作受賞作、登場!
著者: 葉村哲 (著者) / 七草 (イラスト)
シリーズ:この広い世界にふたりぼっち(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

森と街の狭間を私は歩いていた。アスファルトの上に、私の小さな影、頼りない街灯が道を照らす。新月の晩。静かだった。その静けさを乱すこと無く、影のような足取りで、狼が現れた。白い狼。低く静かな声で狼は――話した。「私と結婚してもらえないだろうか」 *** *** *** *** ***  肌寒い冬のある日、真っ白な狼に突然、求婚された少女・塚木咲希。孤独をうちに抱えた二人が出会ったとき、現実世界に“神話”が侵食しはじめる!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ソラ

    【読メ登録以前読了作品】 内容(「BOOK」データベースより) 森と街の狭間を私は歩いていた。アスファルトの上に、私の小さな影、頼りない街灯が道を照らす。新月の晩。静かだった。その静けさを乱すこと無く、影のような足取りで、狼が現れた。白い狼。低く静かな声で狼は―話した。「私と結婚してもらえないだろうか」。肌寒い冬のある日、真っ白な狼に突然、求婚された少女・塚木咲希。孤独をうちに抱えた二人が出会ったとき、現実世界に“神話”が侵食しはじめる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • カシヤ

    淡々とした文体で残虐な展開が繰り広げられるのは中々……ですが、行動理由が曖昧過ぎて付いていけない部分も。せめて、少女についての説明がもう少しあればな、と。これなら三人称でやっても良かったのでは、という気もしました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • PM

    小気味よい短文が続く文体がけっこう好みだった。シリアスな作風の中で、司の明るさが癒しとして機能していて、いい。唇を交わしたシーンでテンション最高潮。主人公のクールさが笑いあり、憂いありと、すごく魅力的に書かれている。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みどり

    あ、これ続きあるんだ。ちょうど10年前の作品か。このまま終わってもいいから続きは買わないかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ジャック

    世界に馴染めず孤独な咲希と、その白い体のせいで群れから孤立する狼の物語。種族は違えど同じ境遇の二人と、異質なものを許さない世界。時には立ち向かい、時には叩きのめす二人。この広い世界に、二人の居場所はあるのだろうか。とおっしゃってるけどどう考えても自業自得。敵側に同情するくらい、主人公達のやってることに共感できない。このくらいの強かさを持たないと孤高には辿り着けないってことなのかな。それとも単に俺がラノベを読む年齢じゃなくなったってだけか。そりゃそうか 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2008/08
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840124003

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK