クロ-バ-に願いを 紅牙のルビ-ウルフtinytales1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

クロ-バ-に願いを 紅牙のルビ-ウルフtinytales1

ルビーウルフやジェイドたちの日常の事件を描く短編集
著者: 淡路帆希 (著者) / 椎名優 (イラスト)
シリーズ:紅牙のルビーウルフTinytales(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

街道からはずれた森に二人だけでひっそりと暮らす兄妹・ラスティとミモザ。ある事件が元で妹ミモザは口がきけなくなり、兄ラスティも杖なしでは歩けないというワケあり兄妹。二人の下にルビーとジェイドは迷い込むが

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • りんな

    再読。順番が直前おかしいことになってしまった。本編が始まる前の話(モルダにヴィアンカの言葉を伝えるルビー、ジェイドとエリカ、ミレリーナとロヴィンの出会い)が特に面白かったです。本編があちこち赴く話だっただけに、日常回はちょっとほっこりしつつも、物足りなさもあったりしますが。 個人的にヴィアンカの、「私がこうして制限をかけてあげないと、あの人は飲み過ぎてしまうでしょう?だから隠すの。お役目があるって、楽しくて素晴らしい事ね」の台詞、ヴィアンカからモルダへの想いが伝わって、大好きな台詞です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もみち

    【図書館】再読。ロヴィンの、“ミレリーナが他の人には見せない素顔を自分にだけは見せる”と優越感を覚えるのが萌えポイントだと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • K-Wing

    おお、普通。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちゃか

    モルダの話が良かったなぁ。ヴィアンカの言葉をルビーが伝えるシーンが気に入った。あとはロヴィンとミレリーナの話もなかなか良かったかなぁ。面白い話は面白いけど、物足りないのはとことん足りない感じで、落差激しく感じた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • もみち

    【図書館】ミレリーナとロヴィンの話が好きでした。 ロヴィンって自分の意見を言うところが最後まで無かったから、どんな風に考えているのかが分かって面白かったです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK