扉の外 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

扉の外 2

密室の中で行われる “ゲーム”。 それには続きがあった……!
著者: 土橋真二郎 (著者) / 白身魚 (イラスト)
シリーズ:扉の外

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

修学旅行に行くはずだった高橋進一が目を覚ました時、そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。 詳しい説明のないまま “ゲーム” が始まり、進一のクラスは訳がわからないままその “ゲーム” に敗北してしまう……。 配給を絶たれ、無気力に日々をすごすだけだった進一たちだったが、転機が訪れる。 新しいエリアが発見され、そして次なる “ゲーム” が始まったのだ。 だが今度の “ゲーム” はさらなる過酷な対立を生むモノだった……! この “ゲーム” ははたして誰のモノなのか?

みんなからのレビュー

  • まりも

    シリーズ第二弾は「暴力」が存在するゲームの中で人々の立場が変化していく過程を描いた話。其々が違う立場に属する人を見下しながら、自分たちの立場を維持するために醜い姿を曝け出して争う姿は読んでいて不快だったけど、引き込ませる力は感じました。ゲーム内容が分かりやすくなったのはやっぱり大きいですね。そのおかげで作者さんの持ち味である心理描写が最大限に生きた内容になっていたと思う。これで中途半端なエロがなければ最高でしたが、1巻よりも楽しめました。次巻も期待してます。あとがきが一番強烈。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • miroku

    ゲーム内容はエスカレートし、謎は深まる。さて、どう着地するか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • たく@ぼっち党員

    一巻に続き、嫌に生々しい心理描写がなんとも言えない。ページ数のわりに、読むのに時間と気力が必要だな。胸くそ悪い描写も少しばかりあるし。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヤスヒ

    前作と別のクラスの主人公の視点に移されて前回の続きが描かれている第2巻。主人公が交代したのもあるが、さらに過酷なゲームによって追い詰められていく生徒達の状態が生々しく前回と同じような状況が続いているのに飽きるどころか、読んでいてさらにのめり込んでしまった。生徒達の感情が極限状態に陥った様子が凄まじく特に集団化した女性陣は怖かった。 第3巻はどう展開するか楽しみ! ※個人的にではあるが、唯一この2巻に不満があるとするとエピローグでの主人公の隣にいるのは●●●●ではなく○○であってほしかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    感想埋め。主人公を交代して新たなゲームを。ジレンマゲームを採用し、1巻よりも面白くなっていたように思う。この後、10年以上にわたってコンスタントに作品を発表し続けることへの片鱗も感じた。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/05/25
  • 定価
    570円+税
  • ISBN
    9784840238496

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル