円環少女 5 魔導師たちの迷宮
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

円環少女 5 魔導師たちの迷宮

首都の命運はテロリストの手に握られた……灼熱のウィザーズバトル第5弾
著者: 長谷敏司 (著者) / 深遊 (イラスト)
シリーズ:円環少女(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔導師によって武装した列車はテロリストの手に渡った核爆弾を乗せ、東京の地下路線にその姿を現した。首都壊滅の事態を阻止するため、《公館》は稼働する専任係官を招集し、総力を挙げて核爆弾奪取に動き始める!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    今回もメイゼルの言葉責めが冴え渡っていてゾクゾクしますな。テロリスト編の続きの今回、学生運動をどこまで引っ張るというのか、思想を拗らせたコドモがそのまま力を持ったオトナになると何と厄介なことか…。仁の戦闘シーンは緊張感と迫力があって好きだけど、いつもグジグジしてるところが気に入らない。ここぞというところで甘さが出るからこんな事態になってしまう。さて彼が下した決断は波乱を呼びそうですね。メイゼルときずなはどうなってしまうのか…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    テロリスト事件中編といった感じ。核爆弾を乗せた列車を止めるために動く公館と警察。しかし事態はそんな彼らをあざ笑うかのようにどんどん悪化していく。茨姫の聖痕体系が明らかになったりと次巻の戦闘へ向けて着々と準備が整いましたね。神への信仰を捨てることなく新たな道を見つけたエレオノール、大切な少女を守るために公館を抜けた仁。この二人が次巻でどうなるのか。公館のメンバーも含めこの事件の結末が気になるな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あなほりふくろう

    国城田、ワイズマンと核爆弾を巡る続き。今回、登場人物の誰もが幾度となく「恐怖」という言葉を口にした。社会や世界に押さえつけられ、飲み込まれる恐怖を皆が抱いて生きている。国城田「神とは、恐怖」ただ恐怖に縛られるより、破壊と再生に希望を抱く姿勢を間違いと断じ切れず、困惑とともに戦慄。そしてその一方、地下の底でパンケーキを焼いて狩猟魔導師中隊の連中に振舞うきずなの好意に、彼らの間の「恐怖」という境界線が薄まっていく。もしかしたら一見「甘い」行為の中に問題打破の糸口があるのかも、いやあってほしいと思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュエパイ

    重傷を負った友と共に誘拐された近道で、能動的に索引型魔法を使い始めたきずなの姿に、将来の悲しみを思うのです。この子が、魔法なんて使えなければ、もっと違う形で幸せを捕まえられたんだろうなぁ・・・。茨姫の己が身を引き裂くことで発動する聖痕体系は、判っていたけどやっぱりグロくておぞましくて、だからこそ魔法使いっぽいなぁ。己の道のために抜けた仁と、地の果てに落ちてなお神の道を説くエレオノール。きっと二人は、反対側に違っていて、でも似てるんだろうなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • KEI

    購入。読みにくいが、少しずつ改善されているようだ。でも、もはや深遊さんの描く女性陣のためだけに読んでいると言っても過言ではないかも・・・。んー、相変わらず魔導師の魔術大系の設定は素晴らしい。<公館>の魔導師は「高位」という枕詞がつくだけある。強いというよりえげつない。しかし、八咬さんだけ能力公開はおあずけです。悪鬼より悪魔な能力ということで、かなり気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK