扉の外
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

扉の外

第13回 電撃小説大賞<金賞>受賞作 “扉の内側” を支配するモノは―― “ルール”
著者: 土橋真二郎 (著者) / 白身魚 (イラスト)
シリーズ:扉の外

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

修学旅行に行くはずだった高校生・千葉紀之が目を覚ましたとき、そこは密室で、しかもクラス全員が同じ場所に閉じこめられていた。 訳もわからず呆然とする一行の前に、“人工知能ソフィア” を名乗る存在が現れる。 ソフィアに示される絶対の “ルール”。 だが、紀之は瞬間的な嫌悪感から、ソフィアからの庇護と呪縛を拒否してしまう。 紀之以外のクラスメイトは全員そのルールを受け入れ、ルールが支配する奇妙な日常がはじまった。 孤立した紀之はやがてひとつの決心をするが……。

みんなからのレビュー

  • まりも

    修学旅行に行くはずだった主人公たちがクラス単位で閉鎖空間に閉じ込められてしまう話。土橋先生のデビュー作なだけあって、中々興味深いお話になっていたと思います。閉ざされた狭い世界の中で徐々に人間関係が変化していく過程は面白かったし、先も気になりました。説明文が下手な点や、序盤が退屈といった所は残念ですがストーリー展開そのものは興味を惹かれるモノになっているので、最後まで楽しめるのが良いですね。こういった群集心理を用いた巧みな展開が作者さんの最大の持ち味なんだよなぁ。2巻はどんな話になるのか楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • miroku

    ありがちな設定。ありがちなラスト。謎は謎のまま。されど緊迫感あり。読み応えあり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みりあ

    本当に作者はこの頃の学生の心情を描くのが上手いと思う。本の内容の前知識無しで読んだけど、凄く世界観にのめり込めた。ただ、オチだけはよく分からなかった。続巻もあるそうなので期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • そら

    目覚めると突然世界が終わっていて、クラス全員がシェルターに閉じ込められて、わけのわからない支配者にここは平和だと嘯かれると、確かに腕輪は外したくなるかも。でもそんな勇気、たぶんあたしにはないんだろうけどね。笑 終始薄暗い雰囲気だし、主人公はクズなのに女の子にモテモテだし、万人受けはしなさそう。ある人から見た天使は他の人から見たら悪魔でありただの傲慢な支配者だっていう構図はよくあるよね、というお話でした。和泉ちゃんはツンデレ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 訃報

    ラノベでクズ主人公というのは珍しくていい、開き直るのもいいが、そいつを美少女たちに肯定させるのは本当に気持ち悪い。クズなオレだけど直す気はないからクズってことをちゃんと理解してその上で受け止めてよ~ってことだろ? クソが。クズなら孤高を貫け、甘えてんじゃねえ。ただのハーレムの方が百倍マシ。自己投影してんだろうな。これでかっこいいと思ってんのか。誰も惚れねーよこんな甘ったれクズ。美少女がリーダーになれるのも結局顔で男子が釣れるからじゃねえか。人を馬鹿にしすぎ。イラストはすげえ好みなだけに残念。ああ気持ち悪い 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2007/02/25
  • 定価
    530円+税
  • ISBN
    9784840237178

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル