円環少女 4 よるべなき鉄槌
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

円環少女 4 よるべなき鉄槌

魔導師メイゼルの明日無き戦い! 灼熱のウィザーズバトル第4弾!!
著者: 長谷敏司 (著者) / 深遊 (イラスト)
シリーズ:円環少女(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

相似大系魔導士グレンとの苛烈な戦いで多くの印魔導師を失った《公館》。仁やメイゼルたちはその穴を埋めるべく奔走していた。だがその隙を突き、人間と手を組んだ魔導師・王子護は恐るべき計画を進行させていた!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    仁と妹の舞花の過去、そして登場人物たちが辿り着けなかった、あるいは失った『それぞれのいつか』のエピソードがとても切ない。さて、メイゼルときずなが仁のところへやって来て、寒川さんを巻き込んで夏休みの大冒険が始まり、日常回かな?と思っていたらあっという間にシリアス展開。もうちょっとほのぼのしていたかったなと思いました。新章開幕といった回で、きずなと瑞希、そしてエレオノールの行く末がとても気になります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    日常+次巻以降への布石回。仁たち三人の平穏な日常やメイゼル、きずな、寒川の3人が地下を探検と今までと違って比較的穏やかな雰囲気。まぁそれでも重たいのがこの作品なんだけど。仁の妹についても語られ、エレオノールが再登場したりと人物の掘り下げメインですね。核を奪ったハウゼン一派が今後どのように動くのか次巻が気になる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • あなほりふくろう

    まさか寒川さんが巻き込まれるとは、そしてエレオノールが救われなさすぎる。夏休みの和やかな幕間かと思いきや、きちんと新展開のスタートだった。途中差し込まれる武原兄妹の過去。舞花の”泡”と「蛇の女王」、そして王子護はどう絡んでくるのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュエパイ

    仕事の始まりに喪われた妹の軌跡を追いかる先生に少女たちと、不運な学級委員長が巻き込まれる……!(笑)死にたくない、ごめんなさい、と最期の瞬間の想いを残した妹に、見え隠れする核爆弾の影。諦めを求めるエレオノールとの再戦のさなかに、メイゼルがつぶやく言葉が好き。欲しかったいつかが消えても、全部なくしてはいないのよと。エレオノールもメイゼルも、同じように全てをなくした身でありながら、やっぱり強くて傲慢で輝いていて、いい子だなぁ・・・♪ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヱロ本Gメン

    鳥肌が立つ。こんな安直な言葉が、こんなにも文字通りに似合う小説も無いだろう。「いつか」にたどり着けなかった仁と舞花との過去と、「いつか」にしがみつこうとする仁とメイゼルの今が、幻のような夏を駆けていく。きずなの再演魔法が起こす奇跡と、エレオノールの慟哭と微笑が、幻の夏を更に透明に燃え立たせ物語は更に波乱を含み次巻へと持ち越される。仁に、メイゼルに、舞花に、エレオノールに狂おしくなるほど胸が熱くなる。とくに孤独に微笑するエレオノールの姿は涙なくしては読めない。しかし仁は着々とロリ地獄へと落ちていくなwww 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK