ジャストボイルド・オ’クロック
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ジャストボイルド・オ’クロック

まぁそう真面目(ハードボイルド)にならないで。ちょーどいい感じ(ジャストボイルド)で行こうぜ。これは、そんな正義の味方の、探偵物語。
著者: うえお久光 (著者) / 藤田香 (イラスト)
シリーズ:ジャストボイルド・オ’クロック(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

いつかの未来。人類が脳に「珪素脳」を持ち、「家電」と共生している世界。過去の事件のせいで「裏切り者」と呼ばれる探偵ジュードと相棒家電の黒猫アル。お金はないけれど、今日もそれなりに、なんとかやっている彼らは、とある理由から、人探しの依頼を受けることに。探す相手は世界的に有名なウイルスデザイナーのゴービー博士。しかし、博士はすでに数年前に死んでいるはずで…。ハードボイルドではなく、“ジャストボイルド”な二人の活躍を描く、不思議な未来のSF探偵アクション。「悪魔のミカタ」「シフト」のうえお久光が満を持して贈る最新作、華麗に登場。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ヴィオラ

    ハードボイルドミステリー風。ハードボイルドな話はほとんど読んだ事がないので、この「風」がどこまでの物かは判断がつかないけれど、結構楽しんで読めました。連続殺人の真相は、読んでるだれもが真っ先に思い付く様な物でしたが、作中の人物にとっては想像し難い物であることも分かる。そもそもハードボイルド物って「推理」の割合はさほど高くないから大丈夫(偏見w)相棒が家電っていうのは、なかなか斬新…っていうか、後書きを読むとスタート地点がそこなんだwという変な気付きw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みどり

    このころの作品群はまた違った味があるな、と思いましたね。悪魔のミカタのぐだぐださ加減に比べてきっちりすっきり1冊完結だし。(続くのかと思っていたけど、思ったより設定が受けなかった?) 軽く読めました。まさにライトなノベル。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 5

    ジュードとアルの軽妙なやり取りが読みどころかな。設定のヘヴィさはそこそこに、どこまでも口当たりは軽い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とりじまカラス

    なんともジェットコースターみたいな作品でした。次から次に現れる危機! それをちょうどいい感じ(ジャストボイルド)で切り抜ける主人公たち。 一部展開の省略が不満なものの、なかなか面白い本でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TEANの残骸

    以外としっかりSF風。しかしガチガチなSFでもなくラノベらしく。そんなところもハードではなくジャスト。 個人的には企業のヒーローとかでこの前見直したタイバニを軽く思い出したり。むこうはヒーローの活躍だが、こちらは企業にヒーローが必要な理由など背景にも十分に重きが置かれている印象。あ、べつに向こうが適当とかそんなことはないですよ?描こうとしているモノが違いますし。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2006/09/25
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784840235525

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK