円環少女 2 煉獄の虚神
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

円環少女 2 煉獄の虚神

灼熱のウィザーズバトル第2弾!
著者: 長谷敏司 (著者) / 深遊 (イラスト)
シリーズ:円環少女(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

敵対魔道師100人を倒す刑罰を負った刻印魔道師メイゼル。彼女が初めての任務で捕らえた魔道師が《協会》の厳重な牢を脱走したとの報せが。メイゼルは追跡の任を受けるのだが、それは恐るべき厄災の始まりだった!

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 芳樹

    協会を出奔した刻印魔導師の浅利ケイツがメイゼルを狙う。それは協会も絡んだ大きな陰謀の幕開けだった…。相似大系の強さを見せつけられた今回。素粒子レベルで考えたら同じ、という解釈がすごいな…。メイゼルを一人の女の子として保護者的に見ている仁と、一人の刻印魔導師であろうとするメイゼルのすれ違いに胸が痛みますね。さて、一人戦いに挑もうとするメイゼルはどうなるか…。巻末の設定資料集が嬉しい。円環大系で電子を操れるのはそれがスピン量子数を持つからと考えれば良いのではと思ったり。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    1巻は物語の設定、世界観が特殊だっただけに説明が多く読みにくさもあったけど2巻は大分マシになった。今回はラスボス級の存在グレン・アザレイ登場回。浅利ケイツという小物魔導師はなんか嫌いになれないキャラでした。女の子として守られるのではなく魔導師としての誇りに生きようとするメイゼルと普通の少女としての幸せを願う仁。二人の願いが衝突しメイゼルが大きな決断をしたわけですがグレンとの戦いはどうなるのか次巻が気になりますね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    メイゼルの強さは諸刃の剣のような気がして、仁が過保護になるのは分かる。思い違いが解けたら良いな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • クロウ

    2巻にしてこの設定量かと多少ビビりつつも、1巻に比べたらいくらか読みやすくて良かった。自分の未熟さに悩むメイゼルと、メイゼルを危ない目にあわせたくない仁の思いのすれ違いが、最後大きな決断を招いたけれど、これが下巻でどう展開していくのか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • シュエパイ

    鴉木と寒川の、まだまだ全然仲良しさんじゃなかった小学生の教室風景が、今はとっても遠く懐かしいのです(いや、SとMの関係性は一緒か・・・?)。ドブネズミのように逃げ回る小物な犯罪者・ケイツとの邂逅に、幾つもの"相似"が重なりだした巻。助かった、と思ってしまった瞬間の、誇り高い少女の絶望と慟哭が胸に響くのです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK