灼眼のシャナ 12
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

灼眼のシャナ 12

悠二、あなたは誰にもわたさない――。
著者: 高橋弥七郎 (著者) / いとうのいぢ (イラスト)
シリーズ:灼眼のシャナ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

御崎高校では、年に一度の学園祭 「清秋祭」 が開催されていた。 仮装賞に選ばれたシャナは、赤いリボンにワンピースという愛らしい姿で舞台の上に立っていた。 優勝者インタビューでマイクを手にしたシャナは、 「私、悠二が――」 と、胸にあふれる “どうしようもない気持ち” を、一人の少年へ向けて伝えようとする……。 しかしそれは、一陣の疾風によって中断された。 風の色は琥珀。 “約束の二人” の片割れ、“彩飄” フィレス顕現の証だった――! 悠二の 「零時迷子」 の中に封印されているヨーハンを取り戻そうとするフィレス。 一方、悠二は己の存在を消される恐怖を感じて……。

みんなのデータ

  • 6
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    ついに零時迷子を持つ悠二の前に「永遠の二人」の“彩飄”フィレスが襲来する。それによって悠二が張り巡らしてしまった銀の封絶を見てマージョリーが復讐に暴走してしまう。なんとか二人を抑えることに成功したシャナ達は零時迷子の中にいると思われるヨーハンを求めるフィレスを止められるのか…?清秋祭,フィレス編中編。ついにフィレスが登場して、ミステスとしてではなく「坂井悠二」という人物そのものを巡る戦いが始まったねぇw何百年も追い続けた仇“銀”をついに見つけ逆上,暴走マージョリーさん。まさに野獣だわ…。マルコシアスの→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nob

    文化祭中に悠二のもつ零時迷子を狙い襲ってきたフィレスと戦うシリーズ12巻。吉田とシャナの変化が好きですね。事あるごとに命を狙われている悠二はこれからどうなってしまうのでしょう。次巻も読みたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • フィレスをなんとかしたと思ったらなんとかなっていなかったでござるの巻。これリアルタイムで読んでたら続きが気になってしゃーないと思うの。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • きりひと

    ★★★☆☆ 「愛」を一環として「本質」に据え描かれている本作、12巻のサブテーマは「襲来と岐路」であった。シャナの悠二を思う気持ちも堅固であるのだろうけれど、フィレスのヨーハンを想う気持ちはヨーハン以外の一切の「他」を切り捨てるに値するほどに確固たる覚悟の上に成り立っている故に、ひどく「歪」で、「志操堅固」な心情の上に成立している、と。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • タク

    再読/プロローグが一番おもしろかった/アニメ版まともに見てない俺が言うのもアレですが、シャナの「うるさいうるさい」って文章で見るとマジそっけなくて、くぎみーボイスに相当助けられてるキャラなんだね、って今更ながら 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2006/02/25
  • 定価
    605円(本体550円+税)
  • ISBN
    9784840233040

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK