理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?

無敵の父と最強の娘 平凡なDランクのお父様に隠された真の実力とは……?
三河ごーすと (著者) / 茨乃 (イラスト)
シリーズ:理想の娘なら世界最強でも可愛がってくれますか?(MF文庫J)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

白銀冬真は救世主である。
――今はありふれた専業主夫だが。
人類再生機構・凰花。
そこは胞子獣との戦いに敗北し、地下へと追われた人類に残された最後の生存圏であり、最下層の《学園都市》では人々の唯一の希望たる《魔法騎士》が育成されていた。
中でも特にエリートが集まる《第一魔法騎士学園》に冬真の娘・白銀雪奈は試験で史上最高のステータス値を記録し、最強のSランクとして入学する。
戦場を離れた後、静かに成長を見守ってきた愛娘の姿に涙する冬真だったが、ある日彼に極秘の指令が下る。
「娘とともに学園に通え。これは、特務指令だ」
世界最強の娘と、表向き一般人の父。
二人の尊い絆と、波乱の物語が始まる!

みんなのデータ

  • 65
    評価する
  • 59
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 岡本

    読友のレビューきっかけで購入。冬真の難聴に呆れながらも読み進めていたらまさかの鬱展開。ご都合主義的にセリカが復活するのかと思いきやだし、胞子獣になるシーンがグロいし。てか人類積んでるっていうディストピア。読み終わってから2巻の存在を知ったけど、表紙が… 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    胞子獣と呼ばれる寄生生物が突如として現れ、人類は地下へと追いやられた世界で世界最強のファザコン娘と表向きは一般的な父親(あまり隠せてない上に親バカ)の尊い絆と波乱の物語。父親と娘のほんわかしながら偶にシリアスな展開かと思っていたが後半からの展開にまんまとやられてしまったわ。確かに作者は容赦ないのを知っていたがあんな展開にあの結末とは、一気にシリアスな感じになったし、どう考えても破滅の道しか残っていない世界で親子がどう足搔き続けていくのか楽しみな作品。寝起きの雪菜の破壊力はたまらない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ℳℯ

    ★★☆☆☆ 個人的にはかなり微妙だった。一見ラブコメものと思わせるようなタイトルだが中身はガッツリシリアスでファンタジーなところは良い意味で予想外。ただキャラ一つ一つが薄っぺらくそこが非常に勿体なかった。主人公は俺TUEEEと言えるほど無双しているわけではなかったが後付けでいかに彼が最強なのかをまざまざと見せつけられて疲れる。あとグラン・マリアが隠す気ないんじゃないかってくらい怪しいところも少し残念だった。娘大好きな(「世界最強」な娘より)最強パパが好きな人にはおすすめ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まんがジジィ

    さすが"おとうさま"のお話し。胞子獣の出現により地下に追われた人類。任務終了後に主人公が1人の赤ん坊を見つけたときに人類最強の『父親』が誕生した物語。面白かったです( v^-゜)♪最初は親バカとファザコン娘のお笑いかと思ってたら最後の話しには...(涙)「個性的な脇役がオヤジ好みでしたね」(^-^)v 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 光心

    正直、合わんかった。作品の要素が色々とどっかで見たようなものばかりだったのもあるかもしれんが、後半流し読みで、俺TUEEEって今もう読むの無理だな、と痛感した……。物語としては、壁の外の話に近いけど、どうにも面白くないっていうか、なんか今売れてるのをかき集めて作っただけで冬真の心情とか一切理解できんかったし……これは作品の質が低いとかではなく、単純に俺が共感できなかったないし理解できなかっただけで、別段悪いわけではない。むしろ、俺TUEE系で言えば王道なので、単純に合わなかっただけだと言える。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • 何度でもオススメする作品【激推しラノベまとめ賞】
    サクラ爆進王が作成したまとめ何度でもオススメする作品【激推しラノベまとめ賞】で紹介されています。
    5
  • 最近読んだ面白かった本
    紗霧たこやきが作成したまとめ最近読んだ面白かった本で紹介されています。
    0

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/08/25
  • 定価
    660円(本体600円+税)
  • ISBN
    9784040650210

関連サイト

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK