逆襲の魔王 抗いし者たちの系譜
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

逆襲の魔王 抗いし者たちの系譜

運命を破壊し、己自身の道を選びとろうとする二人のファンタジック・ラブ!
著者: 三浦良 (著者) / KIRIN (イラスト)
シリーズ:抗いし者たちの系譜(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔王・ラジャスが、人間の勇者・サラに倒された。しかも――サラがラジャスの魔力を全て吸い取り、彼女自身が魔王になるという異例の方法で。絶大な魔力を我が物にした勇者・サラは、さらに意外な行動に出るが……

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • hallelujah

    ネットでの評価が高かったので読了。 人間の勇者が魔王に勝利した後、魔王になり替わるという展開は面白かったが、入り込めないストーリーだと感じた。全体的に淡々としている。もう少し勇者が人間に対する憎しみを前面に出すようなキャラクターだったらば共感できたようにも思うが、今回の場合「感情よりも合理的に物事を捉えることができる人間に対して一目おく魔物たち」という演出だったので難しいかなぁ…。魔王も勇者も人生観が達観していたため、感情移入できる隙がないのが残念…好みの問題? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みるく

    サラの頭の中と表情とのギャップが(^^;>あとがきイラスト 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alice

    前魔王に剣を付き付けたところが良かったです。 分かっていても鳥肌が立ちました。^^ サラの恋心を応援したくなります。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • メデスキ

    イラストの助けもあるにせよ、「格」調高い、ある種<なろう>的ヒネりの効いた勇者=魔王な一作。不等号のスパイス利いてて、オールドの烙印刻まれた富士見の割に評判あったのも納得。ヒロインが勇者に選ばれてて、(実力的に)英雄には選ばれてなかった(認められていなかった)のが何気に新味なアレンジだと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 再読。初読の時に感じた人物の描写不足について、思ったよりも人物の外見描写がされていた事に気付く。ただ描写のタイミングが、普通描写のあるだろうタイミングと少々ずれている事がある為、そう感じただけのようだ。また、街の名称が中国めいている所為か、洋風ファンタジーの世界なのだろうに中国っぽさが滲んでいる。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK