ユメ視る猫とカノジョの行方
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ユメ視る猫とカノジョの行方

一匹の猫との不思議なラヴ・ストーリー。
著者: 周防ツカサ (著者) / 森倉円 (イラスト)
シリーズ:ユメ視る猫とカノジョの行方

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

オレと彼女は、同じベッドの中で会話を交わす。 「愛情とは、そうね。相手の身体に触れたい、と思うことかしら。短く言えば接触ね」 しかし彼女は喋る猫であって、人間ではない。 「人は身体だけじゃない。相手の全てを理解するためには、心を理解しなければ」 いや、猫でもない。なぜなら人にもなれるからだ。 「心を理解するためには言葉を使わなければならない。だけど言葉とは不完全で、ときに矛盾すら引き起こす」 そして、そいつはオレを必要とした。 「本当の理解。試してみない?私たちで」一匹の猫との不思議なラヴ・ストーリーがはじまった―。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ソラ

    【読メ登録以前読了作品】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • そら@真面目にダイエット中

    全体的な世界感は悪くないのですが、所々、謎が中途半端で「結局どういうこと?」って感じになってしまっているし、ラストがいまいちしまりません。悪くもなく、かといって面白くもなく、という全体的に中途半端な感じのストーリーでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナイトは許されナイト

    ★★★ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • かぜやまごろろ

    一応1エピソードは終了しているものの完結には程遠いので残念。こういうひねた主人公とか人外ヒロインの正体隠しモノってのは面白かったんですが。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぴんしゅりん

    うーん。ついていけなかった。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2006/01/25
  • 定価
    671円(本体610円+税)
  • ISBN
    9784840232715

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK