パラケルススの娘 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

パラケルススの娘 2

「地下世界の女王」からクリスティーナのもとに、女王の愛娘である「王女」を裏切り者が襲ったので解決して欲しいと使いが現れ…
著者: 五代ゆう (著者) / 岸田メル (イラスト)
シリーズ:パラケルススの娘(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

ロンドンの地下下水道には、地下に棲む民たちに「クイーン・マザー」とあがめられる存在がいた。ある日、その「地下世界の女王」からクリスティーナのもとに、女王の愛娘である「王女」を裏切り者が襲ったので解決して欲しいと使いが現れたのだ。一方、遼太郎のもとには婚約者美弥子と義妹の和音が押しかけていた。女だらけの屋敷に居候している遼太郎に憤慨する美弥子と嘆く和音。だが、日本にいた時ほど意のままにならない遼太郎に苛立った美弥子は、大喧嘩をして屋敷を飛びだしてしまう。あとを追った遼太郎だが、その目の前で美弥子がさらわれてしまった。いったい誰が? そして目的は!? 大好評マジェスティックファンタジー第2弾!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • 素直になれない美弥子がただただかわいかったです。遼太郎に堂々とキスしちゃうメガエラも好き(笑)。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • (●▲●)とらうまん(*^◯^*)

    絵師買いでとりあえず買ってはみたものの、本来が中世ファンタジー的な要素に全く興味ないタチだったため、購読初期の当時は物語の出来云々の前にテンションが上がってこず、苦心しながら読んでましたw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真林

    ヒロインがたぶん一気に三人追加。許嫁に妹に姫様て、どんだけハーレムなんですか。みんな可愛いし。内容自体はちょっとグロかったりして調和が取れてる…とは言えないか。でも一見混沌としているようできれいにまとめられているので、すごいんじゃないだろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • TSUBAKI Shin-ya

    女子キャラ3人投入。ツンデレ2+清純1、というのは、はたしてバランスがとれているのかどうか。物語の方はクリスティーナの別名からなんとなく背景事情が透けて見えてくるような気もするが、どういう舞台装置を用意しているのかはこれから明らかになっていく感じ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アヤ

    全巻は微妙だったが、この話は好きだった。メガエラと美弥子がなんか好きだ。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2005/10
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840114264

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK