憐 遠いキモチと風色のソラ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

憐 遠いキモチと風色のソラ

私はアイツを守る――。
著者: 水口敬文 (〔著〕)

  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

運命を変えるために未来から訪れた“彼”。その目的は玲人を殺して未来を支配する「時の意志」を誕生させないことだった――。憐はその運命に対抗するため、自らの怪我をおして戦うことを決意する!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ぴえろ@天使

    読了しました。 #Light_Novel 刑罰で過去へ島流しにされた少女が現代で生きていくことを受け入れ、運命に抗う物語。何度も玲人とぶつかり少しずつ前向きになっていく憐ちゃんと未来からくる厄介事にハラハラしてしまう。ラストは大団円なのか微妙なところではあるけれど収まるところに収まった感じでその先を考えるのが楽しいと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 永山祐介

    未来から持ち込んだナイフを投げ捨てるラストシーンが綺麗です。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっしー

    むやみに話を広げたりせず、あくまで自分の周りの幸せのみ求めていたのが逆に新鮮。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • schaf

    結構あっさり終わっちゃったな~って感じ。変にだらだら続くよりスパッと完結してしまったほうが…といえばそうだけど。2巻を読んだ時に「うおぉっ面白くなってきたぞ~!」と期待で膨らんだモノが、案外ぷしゅ~っと小さくまとまってしまって、あっけなくて…少し残念。もっと人物的にも世界設定的にも広がって戦ってほしかったなーと思ってしまうところもあるけど、まあ、全3+1巻でいい塩梅かな?と思ったりもする。(6) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しゅう

    眞依がメインともとれるが、彼女は憐の合わせ鏡としての役所であったと考えると、その存在意義が増すと思います。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK