西野~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

西野~学内カースト最下位にして異能世界最強の少年~

Webで熱狂的人気を誇る伝説の金髪ロリヤンデレラノベ、待望の書籍化!
著者: ぶんころり (著者) / またのんき▼ (イラスト)
シリーズ:西野 学内カースト最下位にして異能世界最強の少年(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

学園カーストの中間層、冴えない顔の高校生・西野五郷は、界隈随一の異能力者だ。ダンディズムを愛する彼の毎日は、異能力を使ったお仕事一筋。常日頃から孤独な生き様を良しとしてきた。シニカルなオレ格好いいと信じてきた。だが、その日々も永遠ではない。高校二年の秋、童貞は文化祭を通じて青春の尊さに気付く。異性交遊の大切さを知る。これはそんな西野少年が、過去の淡白な人生から心機一転、日々の生活態度を改めると共に、素敵な彼女を作って高校生活を謳歌する為、あの手この手を用いて学園カーストを駆け上がらんと奮闘するも、一向に登れそうにない、なんちゃってハードボイルド物語(異能バトル付き)
【電子特典!書き下ろし短編〈ある日のバーでの出来事(マーキスと忘れ物)〉付き】

みんなのラノベまとめ

  • 面白い! 現代異能バトル
    水無月冬弥が作成したまとめ面白い! 現代異能バトルで紹介されています。
    3
  • キミラノに他社レーベルが参加したので、各レーベルから一作ずつ一押しラノベを挙げてみる
    さるかにが作成したまとめキミラノに他社レーベルが参加したので、各レーベルから一作ずつ一押しラノベを挙げてみるで紹介されています。
    5

みんなからのレビュー

  • θ(シータ)

    「おねがい、やめ、やめてっ、いやだ、おねがいしますっ、おねがいっ」GCノベルズで"田中"シリーズを刊行しているぶんころり先生の新作。内容はフツメンの主人公が何とか彼女を作って青春を満喫しようと奮闘する物語(異能バトルあり)噂通りの癖が強い文章と過激な表現で田中同様好き嫌いが極端に分かれそうな作品。カクヨムからの書籍化らしいので気になる人はそちらの方を読んでからのがいいかもしれない。読後も決して爽快感があるとは言えないので苦手な人はあまりオススメはしないかな。ヤンデレ成分がたりーんっ!星3つ【⭐️⭐️⭐️】 続きを読む…

    ネタバレあり
  • むっきゅー

    ハードボイルド・ラブコメ。自分で書いてて意味不明だけど、そんな作品。裏の世界でナンバーワンの殺し屋・西野は、フツメンの高2男子。特に高校生活を重視しないため、ボッチ。そんな西野がある日突然、青春の大切さに気が付き、学園祭の準備を通してクラスの輪に加わろうと奮闘する話。学園カーストに阻まれ物凄く厳しい展開なのに、鋼のメンタルで乗り越えていく。机にウンコを入れられるシーンまでは笑えたが、とにかく西野の報われなさに読むのがキツかった。イケメン竹内とかクラスの糞オンナ共とか、嫌なヤツしか出てこないんですけど! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    裏家業では世界最強で学園ではスクールカースト最下位のフツメンの西野が青春を謳歌しようと努力するのだが色々と空回りしていくラブコメ?もの。タイトル見た瞬間に田中の作者じゃんと思いこれは買わねばと思い買ったが、これは面白い。色々と努力していくのに報われない西野が不憫で仕方が無いがここから金髪ロリヤンデレに好かれどういう青春を送っていくのか楽しみ。P312の挿絵は反則すぎるw次巻が来月出るのがありがたい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 鳳梨

    西野 〜学内カースト最下位にして異能世界最強の少年〜 読了。人を選びそうだけど、個人的にはかなり面白かったです。主人公の西野の性格が癖はあるが魅力的だった。フツメンとイケメンって単語、一冊で何回出たんだろ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • am Frosch!

    ハードボイルドと学園カーストのハイブリッド。主人公がリア充を求めれば求めるほど理想から遠ざかる様子を滑稽と取るか哀れと取るかで続きを読みたいかどうかが決まってくると思う。学園カーストの陰湿さは誇張してあるとはいえおぞましいと感じるほど。委員長とか竹内とか無視できればいいんだけどこの物語の中じゃそうは行かないんだよな。西野に同情するけどこのあとも報われないんだろう。でも二巻もつきあってみるかな。あとラノベにしては言葉遣いや表現がやや下品。女性二人の会話で臭いの話なんかさせるなよと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2018/04/25
  • 定価
    600円+税
  • ISBN
    9784040698595

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル