アスラクライン 2 夜とUMAとDカップ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

アスラクライン 2 夜とUMAとDカップ

怪獣退治の依頼を受けた智春たち。 はたしてその正体は……!?
著者: 三雲岳斗 (著者) / 和狸ナオ (イラスト)
シリーズ:アスラクライン(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

夏目智春は、ごく平凡な15歳……のハズだったが、幼なじみの美少女・操緒の幽霊に取り憑かれ、さらに彼女が、“機巧魔神” という、兵器になることが判明!かくして、戦いとスリルに満ち溢れた、非凡な毎日を送ることとなった。ある日のこと、智春が通う洛芦和高校で、恒例の新入生合宿が開催された。目的地ののどかな湖に謎の未確認生物が出現するまでは――。

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • こも 零細企業営業

    確かに、夜とUMAとDカップだった。なぜそれ以上じゃないと反応しないのかが謎過ぎるww普通におにぎりを握っていたら焼きおにぎりになるヒロインって凄い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • とら

    さっそく2巻目。もう説明するコトは前巻で説明したので、どういう風に物語を展開させていくか見物だったけど、こういう風になるのか。頼みごとパターンのヤツか。まあバトルやら学校生活やら、色々やっていくけど、やはりラブコメが面白いかな。もっとラブコメに特化した話を少しして欲しいかなぁと思った。次巻も期待! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • じお

    ★★★☆☆ 再読。智春たち科学部は第一生徒会からの依頼を受け合宿も兼ねたUMA調査に一見普通の湖に出かけるが、そこで遭遇したのは想像を超えた怪物だった、Bカップは貧乳か否かのスクールパンク小説第2巻。面白かったです、三雲先生の作品は詰めに詰め込んだ要素をゴチャつかせずスッキリとまとめているという印象ですが、今巻でもその良さが出ていて、1巻の時点で引っ張った何故悪魔と関係を持つ事が危険視されるのかに対してのアンサーをメインのストーリーに組み込み理解度や脅威を高めていて上手だなと。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    最初は短編のノリでしたが、中盤から物語の重要な要素に触れていました。シリアスとコミカルのさじ加減が絶妙でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヤギ郎

    1巻を読んで、このシリーズは魔術&幽霊学園ストーリーかと思ったけど、黒鐡の設定とイラストを見て、ロボットものに鳴っているんじゃないかと思い始めた。文体が読みやすく、凝った設定もないからスラスラと読める。続きを買おうかな。そして、持っている版の表紙が読メのと違う! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2005/10/25
  • 定価
    605円(本体550円+税)
  • ISBN
    9784840231794

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK