みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    ヴィルヘルミナがシャナに教える歌、それは先代“炎髪灼眼の討ち手”マティルダ・サントメールが紡いだ愛の歌だった。彼女が愛の為に生き,愛の為に果てた先の大戦の物語…。先代炎髪灼眼回。これが0巻じゃないんだw16世紀初頭のマティルダ総指揮のフレイムヘイズ団vs“棺の織手”アシズ率いる「トーテン・グロッケ」とのブロッケンでの大戦闘。人間社会の影に埋れた大戦の全容。フレイムヘイズもバルマスケ等の紅世の王達もこんな前から生きて闘争してたんだねwトーテン・グロッケの九垓天秤にあの“虹の翼”メリヒムがいて彼の生前の→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nob

    このシリーズは久々です。過去編、十六世紀にあった紅世の徒の組織[とむらいの鐘]とフレイムヘイズたちの戦い。序盤が分かりづらくて読むのに時間がかかってしまいましたが、バトルシーンが熱くとても面白かったです。終盤に出てきた螺旋の風琴というと2巻で出てきたおじいさんのことですが、この後に何があり主人公たちの前に現れたのでしょう。V巻と同じように本編に絡んできそうなので楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • SPICA

    再読。全編通して一番好きかも知れない巻です。単巻で読んでも完成度が高い。自分の意志のために突き進む先代の炎髪灼眼・マティルダ、彼女を愛し理解するがゆえに彼女を止めないアラストール、マティルダへ恋愛一途のメリヒム、マティルダの戦友でメリヒムを愛するヴィルヘルミナ、愛のために全てを賭けるアシズ。彼女らの物語は読んでて心が震えます。固有名詞が多い、過去編だからと読んでない人は本当にもったいないです。この巻を読まずにシャナは語れません。両界の嗣子や大命詩篇など後々への伏線も多数。マティルダの最期の愛の歌が切ない。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 王蠱

    再読。これはOVAか劇場版やるべきだろ。先代は男前なのにいい女過ぎるまさに「女傑」。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 先代の炎髪灼眼の最後の戦いのお話なんだけど、こんだけがっつりと戦ってる描写は現代パートでは愛染兄妹の時以来描かれていない気が…教授の時はあまり戦闘自体には集中してなかった気がするので…マティルダの最期はいい感じに綺麗だったのでは。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2005/09/25
  • 定価
    627円(本体570円+税)
  • ISBN
    9784840231428

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK