消閑の挑戦者 3 ロスト・エリュシオン
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

消閑の挑戦者 3 ロスト・エリュシオン

“混沌の街”アウルスで小槙が覚醒する――人気シリーズ第三弾!
岩井恭平 (著者) / 四季童子 (イラスト)
シリーズ:消閑の挑戦者(角川スニーカー文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

混沌の街・アウルスに降り立った鈴藤小槙は、人体実験で創られた心優しき超人と出会う。しかし実験所を狙う爆弾テロに巻き込まれ!? “完璧な王”が構築した最先端都市で、小槙が最強の思考機械として覚醒する――

みんなのデータ

  • 1
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ちゃか

    祥と小槙は、適当に観光をしつつ巡り合った相手とデートしたりしていますが。 彼らが問題に巻き込まれない筈もなく。特に祥は、テロ現場に遭遇して犯人を取り押さえようとかしてますしね……無茶するわぁ。 一回してやられた後、反撃してやろうとするあたりが彼らしい。 小槙さんは相変わらず悩んでうじうじしてますけど、それでも少しずつ選択ができるように変わって来てるのも感じられて良いですねー。この二人だと「自分のルール」について話してるシーンが好きです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ふじさん

    傑作。本格ミステリのコードに則って構築されたプロットはスリリングで、最後の一行・一文字に至るまで楽しめた。シリーズ全体の集大成と言った印象もあり、個人的に小粒だと感じていた前巻への評価までまとめて引っくり返されたことには驚きだった。思うに、岩井恭平は「出会い」ではなく「再会」を書く作家なのだろう。周囲の人間が次々と通り過ぎ消えて行く、孤独な王として存在していた小槙にとって、今作のラストに描かれる「再会」は彼女の成長を端的に表現していたようにも感じられた。続刊が出るなら読みたいが、この一冊で充分満足な気も。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 月雨あずき

    今回は後味がいい感じ・・・続刊あれば読みたいけど、出る予定がなさそう・・・ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ほにょこ

    ★★★☆☆ あとがきではまだ続けるようなことが書かれていましたが、 続編は出ていないようですね。 続き読みたいなあ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ナイトは許されナイト

    ★★★ 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK