無法の弁護人 3 もう一人の悪魔
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

無法の弁護人 3 もう一人の悪魔

法廷に棲まう悪魔による白熱の逆転裁判第3弾!
著者: 師走トオル (著者) / toi8 (イラスト)
シリーズ:無法の弁護人(NOVEL 0)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

映像証拠が残るという絶望的な状況を、阿武隈の手を借り逆転無罪にひっくり返した本多。「悪魔の弁護人」阿武隈を嫌いながら、その心境が変化する事件が勃発――!?

みんなからのレビュー

  • 佐島楓@執筆中

    冤罪とか自白強要などの言葉を多く聞くようになったせいか、このような題材のミステリにも耐性ができたというか、さにあらんという気分で受け止めるようになってしまった。弊害のひとつかもしれないけれど、それも現実なのよね。正義とは、しょせん観念に過ぎないのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nayu

    はぁ~~~面白かった。    またもや絶望的な状況からのスタート。     失われた正義と闇の正義。          無実だと分かっているが、法律的に無罪になる手立てが無いという絶望的な状況。   そこに執行される“正義”    覚悟はいいか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    伯父から女性を守る事を頼まれ、殺人事件の弁護をする事になる今巻。―――正義だけでは救えない、ならば正義に意味はあるのか。悪魔と悪魔が激突し、本多が悩みの果てに自らも悪になる事を決意する今巻は、汚い手同士が激突し、正義の在り処が問われる巻となっている。正義だけでは、高潔な手では、綺麗事では守れない。ならば、それならば、自分の正義に殉じる為に悪へと染まる。自ら阿武隈と組む事を選び、悪へと身を染めた本多はこれから先、如何なる悪道を歩むのか。無法の先、どんな裁判という名の戦いが待つのか。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • サケ太

    凄まじい展開。今回は恩のある叔父の相談から始まる。友人の娘がストーカー被害にあっているという。相談に乗った本多だが、そのストーカーを殺害したと叔父から電話を受けてしまう。またもや阿武隈に助力を請う事に。敵はやり手の検事朱鷺川。あぶり出される嘘。目撃者の証言。そして違法。真実が浮かび上がったとき、本多は選択を迫られる。その道は果たして正義か。どんどん読んでしまう。やはり面白い。大型メディアミックスとは期待が膨らむ。続きを読みたいと感じる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    悪魔取りが悪魔に…そんな感じで、本多と阿武隈の関係が大きく変わる今巻でした。本来ならここで終わらすみたいでしたけど、むしろここからが本番ではないでしょうか。変わっていく本多や井上の姿を追いかけたいですね。それにしても、朱鷺川さんは噛ませキャラにも程がありますね。おかげで裁判での盛り上がりが今までで一番少なかったです。次巻からの展開や大型メディアミックス企画が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2017/02/15
  • 定価
    700円+税
  • ISBN
    9784042560487

この作品についてる#タグ

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル