ようこそ実力至上主義の教室へ 4.5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ようこそ実力至上主義の教室へ 4.5

コミックス第一巻同時発売!
著者: 衣笠彰梧 (著者) / トモセシュンサク (イラスト)
シリーズ:ようこそ実力至上主義の教室へ(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

色々な事件が起こりつつも夏の特別試験は無事終了。高度育成高等学校の面々にも遂に正真正銘の夏休みがやってきた。しかし、夏休みの楽しみ方は人それぞれで――!?謎に包まれたA&Cクラスの生徒の意外な一面を描き出す「意外と伊吹澪は常識人である」&「意外と葛城康平は悩んでいる」突然のアクシデントから始まった堀北鈴音苦難の1日を描く「さりとて日常に潜む危険性」佐倉愛里のほんのちょびっとの勇気の結果は?「女難、災難の1日。天使のような悪魔の笑顔」夏といえばのプール回!「他クラスとの交流会」そして、シークレットな番外編も1本収録!大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録特別版、ショートストーリー集!

みんなからのレビュー

  • S.T.

    短編も最高に面白かった!それにしてもここ数巻ずっとなんだけど、一之瀬が色んな意味で強すぎる。1巻の時はダブルヒロイン感があった(はずの?)堀北と櫛田の存在感は低下する一方。リーダーシップで上、コミュ力で櫛田と同等クラス、学力と運動能力は堀北が僅差で勝ってる印象だけどこの学校では決定的な武器にならないし、肝心の思考力では大きく遅れを取ってる。おまけだけどスタイルでも負けちゃってるなんて…完全に二人の上位互換じゃないかw軽井沢も前巻に引き続きどんどん存在感増してるし。マジで水筒に手突っ込んでる場合じゃないぞ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まりも

    実力が全てな学園を舞台にした物語の番外編その一。主人公たちの夏休みの過ごし方を描いた話。堀北さんのポンコツぶりがドンドン加速していってやがる。まさか水筒を腕にはめてロックバスター的な状態になるヒロインがいるとは想像していなかったので、読んでて思わず吹いてしまいました。今回はサブキャラの補完がメインだったけど、ラストに主人公の思惑について触れられていたりと今後の展開がますます気になる内容になっていたと思う。あと誤字脱字が多かったのが少し気になったので、次巻はそこを改善してくれると嬉しいかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    つかぬ間の短編集だけどいくつか本編に関わりそうなのがあってニヤニヤして読んでた。女キャラはみんな可愛いし重要なんだけど、中でも軽井沢が清隆に隷属していくうちにどう変化していくのか気になるな。次巻からの本編がより楽しみになる良い箸休めだった。最後の挿絵はもう何度も何度も見返しましたよ、えぇ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • アウル

    短編集。夏の特別試験後の残り少ない夏休みの話。のんびりとした表面の裏では、各それぞれ情報収集したり、ハイプを作ったりと2学期に向けての準備が着々と進んでいっている感じ。綾小路が軽井沢に打ち明けた話だがホンマなら大荒れになりそうだし、どうなるのかが楽しみだわ。最後の番外編の挿絵最高でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まっさん

    ★★★☆ 短編集的な立ち位置の今巻。ここまで出てきてるヒロイン枠の話をつらつらと。伊吹のキャラと服装のギャップがめちゃめちゃ良かった…あとは軽井沢が徐々に徐々に良い味出してて要注目! 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2016/09/21
  • 定価
    640円+税
  • ISBN
    9784040686295

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル