ガンヘッド正伝 蘇る機神
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

ガンヘッド正伝 蘇る機神

伝説の特撮映画小説版!!
著者: 會川昇 (著者)
シリーズ:ガンヘッド(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

西暦2945年、地球。かつて70億の人類個体が生存していたその星は、度重なる核戦争、人類の他星への移住により瀕死の状態といえた。そんな中で、それでも地球にしがみつこうとしている人間達がいた。しかも彼らは人類を統轄しているコンピューターネットワーク“カイロン”に戦いを挑んだのだ。彼らは行動こそ違え、想いはひとつであった。“人間の尊厳を守れ!” しかし、彼らに勝算はない。彼らにとっての救世主は“ガンヘッド”だけであった――。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まえすとろ

    1989年に公開された実写巨大ロボット特撮映画『ガンヘッド』のノベライゼーション。企画当初から脚本に携わっていた作者が二転三転して完成した脚本の主人公とヒロインを少年少女に置き換えたボーイ・ミーツ・ガールな設定に映画の基本プロットを加味した小説版のストーリーは80年代に普及しだした家庭用ビデオと共に急速に発展したOVA(オリジナルビデオアニメ)作品のようなサンライズアニメ的ストーリー展開がなされ、ロボットアニメファン獲得をも視野に入れたメディアミックス化された本書はまさに現在の「ライトノベル」の先駆け。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • まえすとろ

    SF特撮映画『ガンヘッド』の原案を元に書き起こされた小説版。主人公や基本的な設定を残し、読み物として新たにストーリーを再構築したノベライゼーションとスピンオフ作品の中間を行く展開となっており映画、小説版の双方で楽しめるようにアレンジがなされる展開方法は1980年代後半頃から始まった映像、音楽、書籍などのマルチメディアにまたがるように商品やサービスを展開する《メディアミックス》と呼ばれる商業形態の聡明期において、映画やアニメ作品のストーリーを活字媒体として対象年齢を引き上げた「ヤングアダルト作品」 続きを読む…

    ネタバレあり
  • やきなす

    映画版の小説化作品だが、時代設定をはじめとしてかなり改変がなされている。主人公ブルックリンは少年といっていい年齢設定で、ニムとの出会いはボーイミーツガール的であり、舞台のカイロンタワーは彼の故郷だ。過去を見据えながら未来へと向かう少年の成長が、無法者たちの宝探しや、未知の島で得体の知れない化け物に襲われる恐怖、ガンヘッドを駆っての戦いなど、胸躍る活劇とうまく絡んでいる。「火と知の神話はともに滅んだ」…そんな哲学的な?謎も味わいとしてよい。ロボットアクションモノの傑作と思う 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK