とある魔術の禁書目録 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

とある魔術の禁書目録 2

著者: 鎌池和馬 (〔著〕)

  • Amazon紙書籍

みんなのデータ

  • 2
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • mitei

    主人公になれなかったほうとなれたほうの戦い。この辺はアニメとちょっと違う印象があった。しかし記憶喪失になったのによく誤魔化せるなぁと思った。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • PSV

    ヲイヲイ鎌やん、美琴はどうした。ミサカはミサカは可愛いでありますよ。なんで出さないんだ、鎌やん。能登の回。てか、錬金術師強すぎんだろ。能力がチートすぎて話にならんのだが、もっとチートキャラがまだいるので、まあいいや。つか、アニメでもそうだけど、能登の存在感のなさは異常。能登以上にステイルが目立っている時点で、この作品の方向性の狂い方はボクの大好物だ(ぇ)。人肉プラネタリウムは受けた。さあ、次はビリビリ、出てくるのかな。楽しみだ、ミサカはミサカはすっぽんぽん。  ★★★★☆ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • くろり - しろくろりちよ

    ※ネタバレ注意※コンセプトは『バッドエンド』だそうです。曰く、既に救われた少女をもう一度救うことはできない…だから、過去にヒロインのヒーローになれなかった人物の結末(インデックスがヒロイン的要素を備えているかというとかなり苦言を呈したいけれど)。救った者、救えなかった者、そして救えなかった者でもヒーローのバッドエンドに堕ちる者ヒロインのハッピーエンドを受け入れる者。ステイル、お前。良い人!と。不可能という諦念すら叶える錬金術も楽しかったし。一冊目よりかなり楽しめました。巫女キャラさんは存在感薄すぎでした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Yobata

    インデックスを助けるために記憶喪失になった上条当麻。インデックスと立ち寄ったファーストフード店で、奇妙な巫女姿の少女がいた。実は彼女は「吸血殺し」と呼ばれる特殊な能力を持った少女で、錬金術師に乗っ取られた「三沢塾」に監禁されていたのだった。彼女・姫神秋沙を助け出すため、ステイルと共に三沢塾に突入するが、そこにいた錬金術師アウレオルス=イザードが立ちふさがる。彼にはある目的があり、そのために姫神,そしてインデックスまで…。アニメおさらい6。今回はアウレオルス=ダミーが登場と、アニメとは若干違うお話で、→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 不自他

    好きな回じゃないので食指が動かず読了まで時間が掛かった。姫神さんはお気に入りなんだけど…。アニメ版に比べると原作後半は少し面倒な展開。その分、(アウレオルスに振り回されて混乱する)上条さんに共感出来た。総評→インデックスさんって人たらし…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2004/06/25
  • 定価
    627円(本体570円+税)
  • ISBN
    9784840227018

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK