海辺のウサギ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

海辺のウサギ

『吸血鬼のおしごと』の鈴木鈴&片瀬優コンビが贈る、異色のSFファンタジー。
著者: 鈴木鈴 (著者) / 片瀬優 (イラスト)
シリーズ:海辺のウサギ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

断面に区切られた正六面体の世界―破片世界コート島。全世界を揺るがす大鳴動が起きた直後、管制官見習いの少女・ユトは、ひとりの青年を海辺で拾った。服も髪も肌も、すべてが真っ白なその青年は、自分の素性も名前すらも覚えていないという。白い身体と真紅の瞳から彼はウサギと名付けられ、とりあえずユトと行動を共にすることにした。しかし、謎めいたウサギをめぐって二人の魔女アイリーン、カタリナの争いに巻き込まれ…。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Humbaba

    自分が何物であるかを知ること。それは非常に重要なことではあるが、他の生き方をしていればいずれその欲求は消えてしまうかも知れない。消えてしまったとしても生きて行けるのだが、本当にそれが正しい道とも思えない。だからこそ、例え辛い道であっても自分自身を知るために動く。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はつかねずみ

    再読。 個人的には鈴木鈴先生の最高傑作。 記憶を失っている青年と頑張りがり屋な少女の恋の始まりの物語。 いい感じに作り込まれた世界観と初心な恋が非常に好みだったけど、その一方でいろいろと設定説明と物語の展開が中途半端なだけに続編がないのが残念でならない。 なんでこれで終わってしまったのかなあ……。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • OWBA

    最初はなんだこの設定集とか覚悟したけど普通に面白かった。続きが気になるw 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 神無月流菜

    一言でいうと謎の多い話。設定はおもしろいけどラストまでほとんどの謎が解けないから消化不良に感じる。続編で謎を解いていく話があってもよかったと思う。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • UI

    この世界の状況設定の理解にすこし手間取ったけど、中身は若い男女のラブコメ。あとがきを見るとそれが作者の意図らしいので、まあそういうことなんでしょうね。マンガというほど楽しくはなかったのだけど、それなりの厚さのある話をそれなりに面白く読ませてくれたので、他の作品も若干期待しようかな。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2004/03/25
  • 定価
    759円(本体690円+税)
  • ISBN
    9784840226318

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK