バウワウ! Two dog night
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

バウワウ! Two dog night

成田良悟×ヤスダスズヒトのコンビが贈る、無法都市でもがき苦しみながら人生を謳歌する物語。
著者: 成田良悟 (著者) / ヤスダスズヒト (イラスト)
シリーズ:越佐大橋シリーズ(電撃文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

佐渡と新潟の間に架けられた世界で一番巨大な橋。その中央にそびえる名前がつけられる事のなかった人工島――不況によって放置されたそこは不法滞在者や犯罪者が棲む九龍城さながらの無法都市と化していた。 その島を二人の男が訪れる。 気弱で大人しい少年・狗木誠一は、幼馴染みの少女と冒険気分で。 重要指名手配犯・戌井隼人は惹きつけられるように。 そして彼らは、社会から隔絶された無法地帯で全く違う道を歩み始める。だがその姿は、鏡に映る己を吼える犬のようでもあった――。

みんなのデータ

  • 37
    評価する
  • 14
    読みたい

みんなからのレビュー

  • kei@名古屋

    再読。今日頂いたので早速読みました。ジュンさんありがとう。というわけでクズと狗と戌の物語。バウワウってわけで、次のミュウミュウまでよんだらがるぐる、5656まで読まないといかんなぁ。読むか否かそれが問題だ。それにしてもすでに懐かしく感じるという事自体が私も年をとったということか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • END

    視点は3人とこの作者にしては少なめ。狗木と戌井の対決はマジで映画のワンシーンみたい。駆け抜けるようなストーリーで一気に読ませるけど、ちゃんと仕掛けも忘れない所はさすが。コロコロとキャラの変わるケリーが過去も含めて一番好き。葛原とこのままくっついちゃうのかい!?キャハハハハハハハ! 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちは

    おもしろかったです! 個人的には戌井くんが一番好きです。 銃を横に向けて撃つって、練習がんばったんでしょうね。 ころころキャラが変わるケリーも好きですねー。 続くんですよね? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 星野流人

    これは上質なエンターテイメント作品。読んでいて楽しい作品。 中盤から後半にかけて、かなりおもしろかった。特に事件の真相は完全に騙されていた。ラストもすっきり終わっており、楽しく読み終えることができた。誠一のラストは、胸が締め付けられるように感じた。 ベストイラストは、248-249頁見開きの誠一、葛原、隼人。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 日奈月 侑子

    一番最初に読んだ成田作品だったように思います。この隼人のノリが好きで好きでたまらなかった当時。今読み返しても物凄い好きだった…。 そしてこっそり好きだったケリーのキャラも相変わらず、今読み返しても好きでした。皆どっかしらネジがぶっ飛んでる中、葛原さんは比較的まともなキャラだけに、振り回されてる姿が見てて楽しいです。取り敢えず出来ればケリーと幸せになってくれ葛原…。寧ろケリーを幸せにしてあげられるのは葛原だけだと思うのでそこは頑張っていただきたいです。 この後を知ってると、イーリーの笑顔が新鮮すぎて焦る。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2003/12/25
  • 定価
    649円(本体590円+税)
  • ISBN
    9784840225496

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK