灼眼のシャナ 5
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

灼眼のシャナ 5

ついに<シャナ>の過去が明かされる!!
著者: 高橋弥七郎 (著者) / いとうのいぢ (イラスト)
シリーズ:灼眼のシャナ

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

「決めた。 私は絶対フレイムヘイズになる」 アラストール、ヴィルヘルミナ、謎の白骨。 彼らは外界と隔離された宮殿に、一人の少女とともに暮らしていた。 その未熟な少女はまだ名前を持っていなかったが、いずれフレイムヘイズ“炎髪灼眼の討ち手”となるべき者だった。 そして、その時はすぐそこまで来ていた。 “紅世の徒”の襲来が引き金となり、史上最悪のミステス“天目一個”まで呼び込んだ戦場を舞台にして、少女は運命の“契約”を迎える。 高橋弥七郎が放つ、渾身の学園ストーリー第5巻! 巻末に、絵師・いとうのいぢによるあとがきイラスト&ラフスケッチ集も収録!

みんなのデータ

  • 15
    評価する
  • 5
    読みたい

みんなからのレビュー

  • Yobata

    シャナがいつも食べているメロンパン。なぜ彼女はいつもメロンパンを食べているのか…それは彼女がフレイムヘイズになる過去にあった。それは「天道宮」と呼ばれる秘密の場所で“天嬢の劫火”アラストール,教育係のヴィルヘルミナ,謎の白骨が“炎髪灼眼の討ち手”のフレイムヘイズとなる少女を育てる場所だった。そしてついに少女がフレイムヘイズになる時が訪れる…。過去,天道宮編。シャナがフレイムヘイズになる前の話で「〜のであります」のヴィルヘルミナがついに登場したねwティアマトー同様独特な語り口調でいいキャラしてるよねw→ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • た〜

    (発掘再読)新生炎髪灼眼の討ち手(未だシャナの呼び名にはあらず)誕生秘話な外伝的話。悠二クン他本編の主だった登場人物が出てこないと、適度なゆるさみたいなのがなくて、若干読みやすさに欠けるかも 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nob

    シャナがフレイムヘイズ『炎髪灼眼の討ち手』になるまでの話。少し前の巻から話には出てきていた天目一個と万条の仕手が登場。面白かった。ヴィルヘルミナはまた出てくるのかな。シャナはかなりかっこいい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 優羽美月

    フレイムヘイズのシャナ誕生話。ヴィルヘルミナのお世話っぷりが楽しい。ただ、料理はインスタントかレトルトのようだけどね。どんなに訓練で傷だらけになっても、感謝するシャナが可愛い。☆3 続きを読む…

    ネタバレあり
  • きりひと

    ★★★☆☆ この作品のテーマは「愛」なのだなぁ…と再認識させられた本作。様々な観点から幾方向にも伸びる、中身は違えど共通して「愛」を軸とするベクトルの絡みつくその様に、思わず涙腺を緩められた。加えて本作において登場を果たすとなったヴィルヘルミア、ティアマトーの再登場に期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2003/11/25
  • 定価
    583円(本体530円+税)
  • ISBN
    9784840225199

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK