月天楼の封神電戯
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

月天楼の封神電戯

――月光の下、『封神』という電戯<ゲーム>が始まる!!
著者: 為三 (著者) / PikoMint (イラスト)
シリーズ:月天楼の封神電戯<オーヴァライド>(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

現実はクソ。――そんな廃ゲーマーの望はある日、申公豹と名乗る見知らぬ美少女プレイヤーから対戦を強要され、現実と見紛う仮想神域に招待されるが――!? 望の電戯<ゲーム>が始まる!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 2
    読みたい

みんなからのレビュー

  • まりも

    VR対戦ゲームの世界に現れた神々を封印する為に主人公・望がゲームの世界で魂を賭けた勝負を挑む事になる…な話。キャラ、世界観、物語の展開全てが安定したクオリティを保っているので最後まで楽しんで読む事が出来ました。特に幼馴染の眞子、神様の豹ちゃんの愛らしさときたらもう最高ですわ。バトル描写もそれなりに良かったと思います。敵が序盤から強大すぎるせいで今後の展開がちょっと心配な所もありますが、これからも豹ちゃんに癒されたいので次巻も期待したい。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    VP対戦格ゲーに古代の神々が参戦してきて負けたら魂を取られるという、神々を倒せば奪われた魂を取り返せるってことで主人公が奮起する話。中々面白くてゲームを逃げ場にするなってセリフが良かった。上手く話が纏まってた気がするが続きは出るのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    近未来を舞台に、蘇った神とゲームの世界で戦う物語。・・・早い話が近未来を舞台に再構成された「封神演義」のような感じである。中々味方側の神は愛らしく、可愛らしくなっており主人公の設定もいい感じに衒いがないと思う。・・・というかフラグが幼馴染と半ば確定的、みたいな感じには驚いたな。てっきり表紙の豹ちゃんがヒロインになるかと思ったが・・・そこはまだわからない感じであるかもしれないが。 一巻にしてかなりの大物が出てきたが、これ以上に最悪な神というと何がいるのであろうか。・・・興味が尽きない。 次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • はつかねずみ

    VR対戦ゲーム+封神演義、なんだけどヒロインがVR世界に来られないことで現実側が切り離せないようになっていて、結果的に両者共に丁寧に描写されているのは好印象。 一方、最初から最強の敵を倒しつつ主人公の弱体化を図るのはいいんだけど、尻すぼみしやすい展開でもあるので一抹の不安は残る。 また、この巻だけで設定の解説にキャラの紹介など詰め込まれすぎていて、主人公+幼馴染兄妹以外の心理描写は御座なりとは言わないまでも物足りないものも。 後、申公豹は可愛いけど、口調を変えた瞬間個性が吹き飛んだように感じたかな……。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/06/30
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784040676920

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK