再び始まる反救世譚
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

再び始まる反救世譚

かくて、世界は救われた。諍えぬ歪みと共に―――
著者: 上智一麻 (著者) nauribon (イラスト)
シリーズ:再び始まる反救世譚(エスカトラ)(MF文庫J)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

柊黒斗は生まれついての異能者であり、突如現れた神の使いにより異世界の救世主として誘われることに。だがその途中でトラブルに遭い、五百年後の異世界へと辿り着く。救うはずの世界は、とっくの昔に救われていた。

みんなからのレビュー

  • 晦夢

    生まれついての異能者だった黒斗は、神霊フェルの説得により異世界を救いに行くこととなる。だがアクシデントによりたどり着いたのは救うはずだった異世界の500年後、すでに世界は救われていた。俺TUEEEかなと思ったらしょっぱなから叩き潰される。そして力が制限され弱くなると。ある程度平和を保ってる世界で必要な義正に我慢できずに噛み付くといったところ。悪くないんだけど飛び抜けて良くもない感じ。ちびフェルが可愛い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    救うべきはずの世界を救えず未来に来てしまった少年が戦い抜いていく物語。・・・あの邪魔してくれた竜は一体何がしたいのだろうか。何か未来を見ていた気もするが・・・それはともかく五百年も保たれてきた平和と一人の少女を天秤にかけて一人の少女に傾き実行してしまった主人公は中々に凄いと思う。これから世界の敵となるかもしれないということでこれからの旅路は一体どうなるのだろうか。というか真実にいつか気づく人も現れるのだろうか。 まだ物語は始まったばかりなのでこれから面白くなってほしい。次巻も楽しみである。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ツバサ

    普通よりちょっと上って感じかな。二転三転する展開は良かった。キャラはフェルとイリアが可愛かった、クーレルカは良いやつ。主人公の行動理由がもう少し良ければなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こべにん

    なんとなく本屋で見かけて面白そうだったので買ってみた。 あらすじ通り異能力持ちの主人公が異世界に来たものの過程で色々あって〜というもの。中盤まではサクサクと読めたものの終盤の展開がちょっと色々と思うところがないわけではない。まあ個人的には目をつぶれる程度なのでいいんだが。さらに好意的な言い方にすれば、この勢い、嫌いじゃない。 ここからどうお話を展開させていくか気になるところ。とりあえず二巻まで様子見で読んでみようかな 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Tomoaki Nakamura

    簡単にまとめると「俺TUEEE系主人公が異世界に飛ばされて、その時能力が制限されちゃったけど、惚れた女の子(ロリ)のために頑張っちゃう」って話。よくある系の話ですね。とりあえずまだ一巻なんで、今後に期待かなぁ・・・。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2015/02/28
  • 定価
    580円+税
  • ISBN
    9784040674094

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル