悪魔のミカタ 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

悪魔のミカタ 2

世の男子たちよ。好きなものを消せるとしたら何を消す? つまり今回はそういうお話です。
著者: うえお久光 (著者) / 藤田香 (イラスト)
シリーズ:悪魔のミカタ(電撃文庫)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

“悪魔のミカタ”として悪魔の味方をすることになった堂島コウ。「悪魔見習い」から「見習い悪魔」に昇格したアトリらとともに最初に扱うのは“マリア・ドール”消失事件で、これは郵送中の大理石の像がトラックの中から突然消失するというきわめて不可解な事件である。契約完了魔力の発生から、インヴィジブルエアという名の“知恵の実”が関係していることはわかったのだが……。 インヴィジブルエアの、物体を透明に換える能力が大活躍! 第8回電撃ゲーム小説大賞銀賞受賞シリーズ第2弾!!

みんなからのレビュー

  • nobu

    「悪魔のミカタ」となった主人公コウに訪れる最初の事件《インヴィジブルエア》。使った物体の姿を消してしまうという効能を持つ知恵の実を相手に勃発するバトルは中々に読みごたえがあります。ただ物を見えなくするという効果なのですが、その応用する発想が面白いですね。特に最後のトリックには感服。なるほど《知恵》の実と呼ぶだけありますね。黒幕『夕日を連れた男』とは何者なのか。コウは願いを達成できるのか。シリーズ続刊が気になりました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 此処其処。

    ★★★☆☆ さすが「知恵の実」…。単に物を透明にするだけじゃ、常に後手に回るばかりの決定打(攻め手・意外性)に欠ける能力なのだけれども、インヴィジブルエアーの真の強みである「万物」を透過させる能力ってのは、確かな「脅威」に違いないよね…。うまく「強み」を引き出してみせたうえお久光の手腕に脱帽。軽妙な文章にもまた惹きこまれた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • そらりす

    1巻では主人公の闇の深さがすさまじかったのだが2巻はだいぶ丸くなってしまっててちょっと残念 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nobu

    BookWalker読み放題。知恵の実を使った2つ目の事件。今回の相手は≪インヴィジブルエア≫。対象物を見えなくするアイテムで犯人が消した物は舞原家が8千万円で買ってきて運搬中だった芸術品と芸術家の娘。この巻のトリックは印象に残るし、何度読んでも面白い。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ヴィオラ

    密室からの物体消失とか、今回も一応ハウダニットなミステリーにはなっているんだけど、それよりも知恵の実「インヴィンジブルエア」の使い方が楽しかった。何を透明にするか?という点を突き詰めていくような展開は、むしろSF的なアプローチか? ただ、前振りが足りないのか、所々唐突な部分が目について、小説としては微妙な感じでした。(赤毛のくだりとか) 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2002/04/25
  • 定価
    550円+税
  • ISBN
    9784840220750

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル