機動戦士ガンダムZZ 第一部 ジュドー・アーシタ
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

機動戦士ガンダムZZ 第一部 ジュドー・アーシタ

ジュドー・アーシタ、14歳。彼こそが真のニュータイプか──?
著者: 遠藤明範 (著者) / 美樹本晴彦 (カバー・本文イラスト) / 富野由悠季 (原案)
シリーズ:機動戦士ガンダムZZ(角川スニーカー文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

宇宙世紀0088。地球圏に舞い戻ったジオン公国の残党はみずからネオ・ジオンを名乗り、地球連邦に対して自分たちの主権を認めるよう迫った。弱体化した連邦軍には、太刀打ちできる力はない。そんな中、カミーユが戦線から外れてZガンダムのパイロットを探していたブライトは、サイド1で一人の少年と出会う。ジュドー・アーシタ、14歳。彼こそが真のニュータイプか──?

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 4
    読みたい

みんなからのレビュー

  • ダイナマイトダディ❨DD❩

    初読。本作は富野監督は原案、遠藤さんという別の著者がいる。ゼータまであった、巻頭のモビルスーツ紹介や登場人物がなくなり、より普通の小説っぽくなっている。ZZはTVを見ていないのでざっくりしか知らないけれど、コメディタッチでコミカル感が強め。ゲゼとかね。キャラ・スーンのような濃いキャラも出てくる。前半の本作はZZ登場まで。あのゼータがやられてしまうシーンはちょっとショック。これも時代の流れ、やむを得ないんだろうけれど…。カミーユは精神面もあったのだろうけれど、直接的には酸素欠乏症なのね。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 赤い熊熊

    富野御大じゃない人がガンダムの公式ノベライズ書いたのはこれが初めてではなかろうか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Toshy

    アニメ版と違って、コミカルな部分が嫌味じゃなくてまだマシだったかな?今まで読んだガンダムのノベライズ版で一番最後になってしまいました。理由は一番つまらなかったからです(笑) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みさぞ。

    文章が富野さんじゃないのが読みやすい気もするけど、コメディタッチなのが前作までと比べて気になるところ。あと内容結構飛び飛びな気がする。とりあえず2巻へ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 夜行

    アニメだと鼻につくコミカルさも心理描写がある分小説なら許せる気がする。全2巻のうち、1巻目の後半で主役機のZZが登場。あれ?こんなにテンポ良かったっけ? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

みんなのラノベまとめ

  • ガンダムを読む 【宇宙世紀①】
    古戸璃が作成したまとめガンダムを読む 【宇宙世紀①】で紹介されています。
    2

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK