イリヤの空、UFOの夏 その1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

イリヤの空、UFOの夏 その1

著者: 秋山瑞人 (〔著〕)

キミの評価を教えてね!

作品を購入する

  • Amazon紙書籍

みんなのラノベまとめ

  • SFファンが選ぶ! SF×ライトノベルの傑作!
    あれのが作成したまとめSFファンが選ぶ! SF×ライトノベルの傑作!で紹介されています。
    2
  • 一筋縄ではいかない!? ひねくれた青春グラフィティたち!
    ヒラが作成したまとめ一筋縄ではいかない!? ひねくれた青春グラフィティたち!で紹介されています。
    2

みんなからのレビュー

  • ひめありす@灯れ松明の火

    「6月24日は、全世界的に、UFOの日だ。」なので今年は念願かなって6月24日に読むことが出来ました。最初に読んだのはまだ中学生だった頃。そのせいか、なんとなく今読んでるものとは違う感じ。「電気の味がするよ」に一目ぼれしたのが懐かしい。ぶっ飛んだ先輩、ひと夏の阿呆、色素薄い系の転校生、明るくてちょっぴりツンデレ押しかけ女房な同級生、ブラコンの妹。と、中学生の心を持つ文系男子(と一部女子)の心をぐっと鷲掴んで離さないキーワードてんこ盛りのライトノベルでした。今読み返しても青くて臭くって、眼を離せなくなります 続きを読む…

    ネタバレあり
  • た〜

    (発掘再読)シリーズ物、では無く一つの物語の連載の最初の1冊。なのでここまでの段階で評価は難しい。基本的にはSFの匂いが漂うラブコメかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • みりあ

    名作と呼ばれ、絶賛されているので読んで見た。セカイ系の話らしいがまだその片鱗しか見せておらず、どうなるのか予測出来ない。そして、全然ラノベらしく無い。キャラクターはラノベらしく見せているけど、内容は全然一般向けに出来る程。まあ、全4巻の内の1巻目なので、これからどう話を転がして、名作と呼ばれる位まで持っていくのか楽しみ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Aster

    多分すぐ4巻分読み終わっちゃうだろうな…というのが1巻読み終わった後に思ったことですね。この、何かよく分からないけど、これから主人公とイリヤが世界を巻き込むような事件の当事者になるような(あくまで推測)漠然とした奇妙な雰囲気が堪らなく好き。作者の描写も好き。水前寺と夕子の掛け合いもめちゃくちゃ好き。正直これからの展開凄く期待してます。期待するとガッカリするのがオチなんだけど、このラノベはそんな気がしないなぁ。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ガーガー

    夏休み最後の日浅羽は泳ぎたくて中学のプールに侵入。そこには美人な先客がいた。伊里野、と言うかこの子周りの謎が多すぎる。彼女は何者なのか…?こういう話の場合ヒロインの兄貴分は意地悪の人が多い?けど、榎本はいい人っぽい。でも、この人も何者…? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2001/10/25
  • 定価
    550円+税
  • ISBN
    9784840219440

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
1日1回集計してみんなのデータに反映するよ。
Close
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
通知登録するにはログインして下さい。
ログイン
キャンセル