いつも心に剣を 2
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

いつも心に剣を 2

聖騎士のヨナハンとセルジュに再会したユユとレーレは、彼らとヨナハンの故郷へ向かう。だが、ヨナハンを待っていたのは彼を失意の底へ叩き落とす大事件だった!!
著者: 十文字青 (著者) / kaya8 (イラスト)
シリーズ:いつも心に剣を(MF文庫J)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

魔女という存在が恐れられていた時代。魔女の砦での戦いを経て、ユユとレーレはネルリンという街にたどり着く。そこで聖騎士のヨナハンとセルジュに再会した二人は、彼らとヨナハンの故郷へ向かう。だが、久しぶりの故郷を喜ぶヨナハンを待っていたのは彼を失意の底へ叩き落とす大事件だった!! 一方、セルジュはユユが魔女ではないかと執拗に疑い、彼女に探りを入れてきて……。魔女と人間の戦いの先に、ユユとレーレは何を見て、何を思うのか。―――「放ってはおけないわ。友だちだもの」―――

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • たこやき

    1巻に続き、プロローグ的な印象。1巻と違って、今回は、魔女に纏わった存在を第三者的に見る形。当事者としての魔女と人間、第三者としての魔女と人間を比較し、より、世界観を広げ、でも、ユユについて、とかその後への伏線を張る……。次巻から、大きく動きそうな形で終了し、どうなる? と楽しみになる。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • Glenn

    一番驚きでドキドキだったのが、ラストでのセルジュの企み。セルジュさんのSっ気が垣間見えたとこで、どんな波乱の展開になるのやら。これはゾクゾクする。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • しかっち

    ★★★ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ささっく

    魔女との戦などで出会った騎士ヨナハンとセルジュと出会った、レーレとユユ。騎士の故郷に同行することになるが、ヨナハンの許嫁のアラベラが魔女の疑いをかけられ投獄された。裁判が近くなったある日、魔女たちがアラベラをさらわれる。アラベラは幼い頃から魔女と親交があり、魔女の契約をしていたのだった。。。。。未だに設定の大部分が不明のままのような気がします。魔女と魔王とはどんな存在なのか。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 天城春香

    体育会系社会に対する反抗? 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2009/05
  • 定価
    638円(本体580円+税)
  • ISBN
    9784840127875

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK