闇を喚ぶ紅の魔石 紅蓮の猟魔士
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

闇を喚ぶ紅の魔石 紅蓮の猟魔士

人の心の弱さがもたらす世界の破滅を救うことができるのか!? 新世紀の扉を開ける、ネオ・ゴシック・ファンタジー第1巻
著者: 対馬正治 (著者)
シリーズ:紅蓮の猟魔士(富士見ファンタジア文庫)

  • BOOKWALKER電子版
  • Amazon紙書籍

あらすじ紹介

人の心の弱さにつけ入り身体を乗っ取る憑魔。そんな憑魔を倒すことを生業とするのが猟魔士である。無骨な剣士ダレットと美少女呪術士ペイは、猟魔士のコンビ。聖ラズロウ教導団からの依頼を受け、憑魔を葬り去る実力派だ。謎の連続殺人事件がオクトベルの町に起こる。人とは思えぬ残忍な手口に、憑魔が絡んでいる可能性を察した教導団は、ダレットとペイに捜査協力を依頼した。どうやら20年前にオクトベルに出現した憑魔に関連があるらしい。ふたりは人の心の弱さがもたらす世界の破滅を救うことができるのか!?新世紀の扉を開ける、ネオ・ゴシック・ファンタジー第1巻。 ※本作品は電子書籍化にあたりイラストを収録しておりません。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • mahamu

    部屋を整頓したら発掘。全く内容の記憶がないので再読。うーん、正統派ファンタジーです。同作者の「わたしの中の魔獣」の方が今でも面白く読めるかも。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ぴー

    今のライトファンタジーと違って、萌も中二病的描写がないまっとうなファンタジー。元魔王と元勇者の話です。女時代の元魔王と恋人で、今は美少年だが気になる〜という設定にBLかよとつっこんだ小学生のおもいで 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK