悪役令嬢の継母に転生したので娘を幸せにします、力尽くで。 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

悪役令嬢の継母に転生したので娘を幸せにします、力尽くで。 1

娘を幸せにできるのは、この私! つよつよ継母の育児無双ファンタジー
牧野 麻也 (著者) / 春野薫久 (イラスト)
シリーズ:悪役令嬢の継母に転生したので娘を幸せにします、力尽くで。(ドラゴンノベルス)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

セレーネが乙女ゲー世界への転生を確信したのは、結婚式の直後。
嫁ぎ先の侯爵家令嬢、義娘のアティこそ後の悪役令嬢だと気づく。
この子は継母に虐げられ、誰からも愛されず育って――
て、こんな可愛い子、愛でずにいられないでしょ!
セレーネはアティの運命を変えるため、周囲を巻き込んで育児環境を整えていく。
古い因習にはNOを突き付け、時には男装して娘のヒーローに。
どんな手を使ってでも、必ず娘を幸せにしてみせます!

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 義娘を愛しすぎてる継母の育児無双ファンタジー!

    エムリス
    エムリス
    乙女ゲームの世界に転生したアレーネは、自身の結婚相手の連れ子・アティが、非業の最期を遂げる悪役令嬢だと気付くのです。アティはまだ、純粋無垢な幼いお姿。実はこちらのアティ嬢、継母や父に見放されて歪み、悪役令嬢になったという経緯がありました。つまり、愛を与えれば運命も変えられるはず! 彼女は、アティを心の底から愛して幸福にすると決めるのです! まあ、彼女の愛らしさに骨抜きになっているだけとも言えますが☆

    それから彼女の、全力でアティ嬢を愛する日々が始まります。図書室で絵本を選んで読み聞かせ、夜は同じベッドで仲良くご就寝。馬に乗ってピクニックに出かけ、彼女のお気に入りの花があれば探しにも出かけるのですよ。そしてアティ嬢が外出する用事があると、わざわざ男装をしてまでこっそりついていくのですから『母は強し』な行動力! だんだんとアティ嬢の口数も増えて「あたらしいおかあさま」なんて呼ばれた暁には、感涙して喜ぶほど! 心が通じ合う母娘の姿は、実に美しい!

    育児に関わらない父も一喝して、おやすみのキスを日課にさせるくらいは当たり前。必ず娘を幸せにする育児無双な物語は、爽快感すら覚えるのですよ!
  • 可愛すぎるアティに、僕らまでメロメロだよ~!

    宙
    アレーネの娘になったアティは、表情も硬くて、自分の意見も伝えられなかったんだ。でもアレーネの溺愛で、年相応の可愛いところを見せてくれるようになるんだよ! 内側が白い花を発見したら「なかがしろい」ってキラキラした笑顔で報告してくれて、『抱っこ』が欲しい時には、腕をいっぱいに広げて全力おねだり! 夜には一日の出来事を、手足をバタバタさせながら説明してくれて、まさに天使ってくらい可愛いんだ! ミレーナも「鼻血出しそう」なんて悶絶してるけど、気持ちはわかっちゃうんだよね!

    それからアティには、同年代の婚約者・エリックがいるんだ。幼い彼だけど、アレーネが男装をしていても一発で見抜いちゃう鋭さの持ち主。だけど男装した彼女に「秘密組織・ドラゴン騎士団の者だから内緒で」なんてごまかされたら、目を輝かせて信じちゃったよ! それからはドラゴン騎士団(仮)として、修行も欠かさず「あてぃはおれがまもる!」なんてやる気満々! 単純さにはくすっと笑っちゃうけど、元気いっぱいな彼を見ていると、元気をもらえるんだよね♪

    アティもエリックも、もちろんアレーネのことが大好き! ドタバタで幸せな生活は、ずっと見守りたくなっちゃうんだ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    乙女ゲー世界への転生を確信した貴族令嬢セレーネが、再婚先の嫁ぎ先の侯爵家令嬢、義娘のアティこそ後の悪役令嬢だと気づき、それを回避するために奮闘するファンタジー。継母に虐げられ、誰からも愛されずに育って破滅した悪役令嬢アティ。けれど今は天使のように可愛くて、今なら間に合うはずと家庭教師や子守頭ともやりあって理解をし合うようになったり、時には男装して訪問先に侵入したりと、彼女のために心を砕き、救うためには手段を選ばずに奔走するうちに、いつの間にかセレーネ自身も周囲にも慕われるようになっていく素敵な物語でした。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • わたー

    ★★★★★面白かった。侯爵の後妻として嫁ぐことになった主人公。侯爵家へやってきたその日に、前妻の娘アティのあまりの愛くるしさにメロメロになると同時に、前世の知識によって彼女がいずれ悪役令嬢として成長してしまうことに気付く。そんなことは許さないと、たっぷりの愛情を以って彼女に接するとともに彼女を取り巻く環境も変えていく、という作品。まず主人公のキャラが良い。ガサツで脳筋だが、それらを上手く取り繕って淑女として振る舞えるぐらいには強かで情に厚く行動力の塊。「北方の暴れ馬」の二つ名に相応しい八面六臂の大活躍は、 続きを読む…

    ネタバレあり
  • nishiyan

    後妻として嫁いだ侯爵家で義娘アティを見た瞬間に乙女ゲームの世界に転生したことを確信したセレーネ。悪役令嬢であるアティの運命を変えるために奮闘するファンタジー。セレーネが見せる素のがらっぱちなところが若干、浮いた印象を受けるのだが、彼女のアティへの愛は本物で、ゲームの展開によってはアティを破滅に導く要因となる家庭教師と子守、娘と距離があった侯爵とやり合いながら奮闘する姿は愉快だった。過去と現在の男装での活躍が結んだ縁というのも効いていて、一番変化したのは侯爵なのかもしれないと思うとニヤリとさせられた。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なぎ

    侯爵家の後妻として嫁ぐことになったセレーネは乙女ゲームの悪役令嬢の義母に転生していたことに気づく。義娘を悪役令嬢にしない為に愛情を注ごうと決意するが···。ヒロイン・セレーネの世界の中心は常にアティで、彼女の愛情に段々と心を許していくのが微笑ましい。逆に旦那の侯爵にはドライなのが面白かった、でも終盤の展開からして真面目な人みたいなのでちょっとずつ歩み寄っていくといいですね。セレーネが勇ましくてヒーローも兼任してたよね(笑)ゲームのヒーローであるエリックや闇を抱えていた某キャラの心も掻っ攫ってしまうとは。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リイエル

    Web版既読。政略結婚の旦那の連れ子が可愛すぎて、溺愛しちゃってるお話。強い女性は好きなので、これも楽しく読めました。アティのためならなんでもできるけど、自分自身には疎いセレーネさん…。旦那様のこと、1巻の最後の最後まで名前を気にしてないし、好意を寄せようとしてるのを跳ね除けてるし…。いやでもそういうところがちょっと可愛いんですよね。好き嫌いが分かれる賛否両論な作品だとは思いますが、サスペンスと少しのロマンスが面白い作品だと思います。今後も本になって挿絵が見えるといいなぁ…。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK