悪役令嬢は大航海時代をご所望です 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

悪役令嬢は大航海時代をご所望です 1

辺境だと笑わせない。領地を救う富を求め、海の向こうの新大陸へ!
浦和 篤樹 (著者) / nyanya (イラストレーター)
シリーズ:悪役令嬢は大航海時代をご所望です(ドラゴンノベルス)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

前世の記憶が甦り乙女ゲームの悪役令嬢マリー(2歳)に転生したと知った私はすぐ動き出した。なぜなら一族もろとも断罪で処刑されるから! 何とかしようにも領地は西の果て。貧乏だ田舎者だと馬鹿にされ、経済的な嫌がらせまで! でも、私は知っている。果てと言われた領地の更に西、海の向こうには新大陸が広がっていることを! 本編開始まであと十年足らず。大海原進出を目指して『ゼンボルグ公爵領世界の中心計画』発動よ!

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    前世の記憶が甦り乙女ゲームの悪役令嬢マリー(2歳)に転生した主人公が、反乱で一族もろとも断罪で処刑される運命を回避するために、新大陸開拓を目指すファンタジー。回避しようにも領地は西の果てで、貧乏だ田舎者だと馬鹿にされ、経済的な嫌がらせまでされている状況を踏まえて、優秀な師に学びつつ斬新な魔道具を発明したり、新大陸への航海を目指して大型船の造成や人員育成を始めたり、航海術の整備を進めていく展開で、可愛い天才幼女がキレッキレでしたが、対立が顕在化した有力貴族や王族との難しい関係も含めて今後の展開が楽しみです。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • なぎ

    前世の記憶が甦り、乙女ゲームの悪役令嬢マリーに転生したと知った主人公は処刑エンドを防ぐ為に海の向こうの新大陸を発見して領地を発展させることを目指すが···。まだ幼いマリーの言動を馬鹿にせずにきちんと受け入れる周囲の環境が温かくて、次から次へとアイデアを出すマリーの手腕も読んでいて気持ちが良かったです。4歳の頃から領地経営を手伝っているのが既に凄い。マリーの努力が実を結んで新たな一歩を踏み出した爽やかな終わり方でしたが、気になる伏線もちらほらあったので続きがあったら読みたいです。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK