聖人公爵様がラスボスだということを私だけが知っている 転生悪女は破滅回避を模索中 2
読みたい読んだ
読みたい

聖人公爵様がラスボスだということを私だけが知っている 転生悪女は破滅回避を模索中 2

転生悪女の破滅回避奮闘記、第二幕!
しきみ彰 (著者) / 桜花舞 (イラスト)
シリーズ:「聖人公爵様がラスボスだということを私だけが知っている」シリーズ(オーバーラップノベルスf)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

ラスボスフラグ再来!?
皇宮に渦巻く企みも婚約者と一緒に暴いてみせます!

リアムのラスボスフラグを折ることに成功し、無事に婚約を済ませたグレイス。
彼女は皇族の妻としての教育を受けるため宮廷に通いながら、リアムとの甘い婚約者ライフを満喫していた。
そんなある日、第一皇女に怪しいもやがまとわりついている現場に遭遇する!
それはリアムが闇堕ちしかけたときに見たものと酷似していて――!?
咄嗟にもやから皇女を庇ったグレイスだったが、なぜかグレイスにはもやがきかないことが判明。
魔術の使えない体質が原因だと考え、もやも魔術による誰かの企みの可能性に気付く。
同時に小説内で起きた宮廷パーティーにて皇后と皇女が襲われた事件を思い出し、グレイスはリアムのラスボスフラグの再来を疑うように。
想定外の事態に不安を抱えながらも、リアムとの未来のために調査を始めるグレイス。
その際、リアムを巻き込まないために秘密で行動するのだが、グレイス第一なリアムには全てお見通しのようで――?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK