眠れる森の悪魔 転生少女×倫理欠落天才一族 1
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

眠れる森の悪魔 転生少女×倫理欠落天才一族 1

三つの記憶をもつ転生令嬢が家族の愛を掴む、ハートフル(?)ファンタジー開幕!
鹿条シキ (著者) / 呉々 (イラスト)
シリーズ:「眠れる森の悪魔」シリーズ(オーバーラップノベルスf)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

武器は前世の記憶と未来の夢――

「シェリエル・ベリアルド、貴様との婚約は今日をもって破棄する」
シェリエルは婚約破棄され破滅する未来を夢で見る、ちょっと変わった赤ちゃん奴隷。
繰り返し夢を見ていたある時、前世が現代日本で生きたプログラマーだったことを思い出す!
二つの人生を知り年齢に見合わぬ知能を手に入れたシェリエルはその後、夢で見た通り『ベリアルド侯爵家』に引き取られることに――。
ベリアルド家は類稀な才能をもつ一方、共感力や罪悪感が欠落しており「悪魔」と呼ばれる一族だった。
彼らはシェリエルに対しても興味がない様子だったが、破滅を回避するためには彼らとの関係改善が必要不可欠。
悩んだシェリエルは未来の夢と前世の記憶を駆使して、少しずつ彼らとの距離を縮めていく。
そうして家族になってきた頃、シェリエルは魔法を使うための洗礼をうけることに。
しかし、その洗礼でシェリエルの持つ異質性が明らかになり――?

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 0
    読みたい

みんなからのレビュー

  • わたー

    ★★★★★つい著者の別作品を検索してしまうぐらい面白かった(なかった。哀しい。)。前世と前々世の記憶を持ち、今世の破滅の未来を夢で見る主人公シェリエル。奴隷である彼女を高額で買い取ったのは、倫理観が欠如し、家族には異様なまでの執着をみせるべリアルド一族だった…と始まる物語。このべリアルド一族がどいつもこいつもクセモノ揃いの濃い面子で大いに楽しませてもらった。この世界の理から外れることが起こっても、「べリアルドだから」の一言で説明がついてしまえる一族、嫌すぎて最高なんじゃが。最初は、家族とは認めないと 続きを読む…

    ネタバレあり
  • ちはや

    「ベリアルドだから」免罪符でも印籠のようでもある(笑)サブタイにもあるように、倫理が欠落した天才一族ベリアルド。彼らはどちらかといえば、というか、ただの人から見れば悪魔っぽいよねー。笑顔で怖いことしちゃうし。1巻は序章っぽい。死の未来を見る夢の中での『先生』は後半に出てくる先生でもあるよね?先生の獣化が猫ちゃんだと信じてたのは私もシェリエルと同じくで、ディディエ他に笑われてるんだと思うと、ちょいイラつく(笑)リヒトの父(だと言われてる)のこれからの動きや、レシスト国にいるというシェリエル父母は何してるの? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • おかめいんこ

    物凄く分厚くてかつ二段組、なのにただの序章⁈何も解決せずに色んなヒントばかり。この後どうなっていくのかもう先が気になって気になって(^◇^;) 続きを読む…

    ネタバレあり
  • りんりん

    ★★★★☆ web版で続き読んできた。良かった~ 続きを読む…

    ネタバレあり
  • kindle 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK