うちの清楚系委員長がかつて中二病アイドルだったことを俺だけが知っている。
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

うちの清楚系委員長がかつて中二病アイドルだったことを俺だけが知っている。

「はー……恥ずかしい。まったく昔の私ったら……」
三上 こた (著) / ゆがー (イラスト)
シリーズ:うちの清楚系委員長がかつて中二病アイドルだったことを俺だけが知っている。(講談社ラノベ文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

『災禍の悪夢』を名乗る、中二病の少女――通称メア。
来栖玲緒の、かつての悪友だ。
彼女の写真を撮ったり、それをSNSに上げてバズらせたり――。
本名も知らない少女との、かけがえのない時間。
それは、彼女が事務所にスカウトされて地元を離れるまで続いた。
やがて、中二病アイドルとして芸能界デビューしたメアだが――。
高校に進学した玲緒は、クラス委員長の十七夜凪が、中二病を卒業したメアだということを知ってしまう。
そして、とある事情で、彼女は一年生にして生徒会長になる必要があった。
だが今の凪は、むしろコミュ障陰キャ属性のキャラになってしまっている。
そんな凪を生徒会長にするため、玲緒のプロデュースが再び始まるが……!?

パートナーのおすすめレビュー(宣伝)

  • 元中二病アイドルを生徒会長にすべくプロデュース! 頭脳戦にもドキドキです

    つむぎ
    つむぎ
    中二病キャラのアイドルとしてSNSで火が付き、芸能界で一世を風靡したメアさん。SNS時代にカメラマンとして協力していた玲緒さんは、高校でメアさんと再会しますが…メアさんは清楚な学級委員長になっていたんですよ!

    中二病が完治したことでいたたまれなくなり、芸能界引退を考えていたメアさん。引退の条件として事務所が出したのは、政財界に繋がりを持つ生徒会長への当選でした。ですが、極度の人見知りになってしまったメアさんには、選挙活動は苦難の連続。校門での声掛けも、ポスター貼りもままなりません。それどころか、注目を浴びようと空回りしていた黒歴史を思い出し、ダメージを……。メ、メアさんくじけないでください!

    ですが彼女を助けるべく、玲緒さんがプロデューサーとして奮闘します! 支持率が9割を超える強力な対立候補を相手に、策を巡らせる玲緒さん。友人の伝手を使って弱小部の支持を取り付け、動向を探らせないよう相手を煙に巻くといった駆け引きは、高校の選挙とは思えないほどの緊張感ですね。

    メアさんの強烈なキャラクターと玲緒くんの活躍に、目が離せなくなる一冊です。メアさんのかわいさをスナップした、ゆがー先生のイラストも必見ですよ!
  • 「過去」をめぐってすれ違う二人の想い…!

    綾乃
    綾乃
    人見知りだけどがんばりやのメアちゃんと、普段はとぼけてるけど頼りになる玲緒くん。仲良しに見える二人は、選挙活動の中で自分たちの過去と向き合うことになるの。

    小さい頃から引っ越しが多かった玲緒くんは、自分を覚えていてくれる友達ができないまま、誰にも言えずに孤独を抱えていたの。そんなときに出会ったのが、メアちゃんだったんだ。「特別になりたい」というメアちゃんの暴走に振り回される日々は、玲緒くんがはじめて手に入れた「特別」で、大事な思い出だったの。

    そんな玲緒くんの協力のおかげで、メアちゃんは昔の自分が持っていた自信を少しずつ取り戻していくんだけど…。同時に、玲緒くんは自分を「メア」だったころの自分に戻そうとしてるんじゃないかって、疑い始めちゃうんだ。今の普通の高校生の自分よりも、昔の特別だった自分を玲緒くんは求めてるのかもって…。でも、そんなこと玲緒くんに聞くわけにもいかないし、メアちゃんのもやもやが伝わってきて胸が苦しくなったよ~!

    過去のメアちゃんに救われた玲緒くんと、過去の自分に嫉妬してしまうメアちゃん。すれちがう二人の想いにやきもきしながらも、心から応援したくなっちゃうの!

みんなのデータ

  • 3
    評価する
  • 14
    読みたい

みんなからのレビュー

  • オセロ

    作者買い。いや〜流石の面白さ! かつては中二病キャラとして売り出していたけれど正体を隠して清楚系委員長を務める少女・十七夜凪。そんな凪と偶然にも高校で再会したかつての盟友の来栖玲緒。とある事情で生徒会長を目指すの凪をサポートすることになった玲緒のイジリや絶妙な掛け合いは作者らしさ全開で。その一方で、ライバルの陸奥先輩との駆け引きはなかなかシリアスなものでしたけどラストちょっと説得力にかけたかな。とはいえオチも面白く、満足の一冊でした。続刊はあるのかな? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • よっち

    かつて中二病の少女メアをサポートして、アイドルとしてデビューさせた来栖玲緒。高校に進学した彼がかつてメアだったクラス委員長の十七夜凪と再会する青春ラブコメ。ふとしたきっかけから芸能界を引退したメアの正体を知ってしまい、芸能界引退の条件である生徒会長当選を目指す凪をプロデュースすることになった玲緒。中二病を卒業してすっかりコミュ障陰キャ属性キャラになっていた凪の激変っぷりには前途多難でしたけど、難敵相手に駆け引きを繰り広げながら、かつてを知るがゆえの葛藤を乗り越えてみせた2人のコンビっぷりが光っていました。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 真白優樹

    かつて中二病アイドルのプロデュースをしていた少年が、生徒会長を目指す級友の委員長が実はそのアイドルであると知り始まる物語。―――特別を超えた先、そこにあるのは彼等の特別。 あの日も今も振り回される、それは彼だけの特権。二人三脚で目標に向かい進む中、そこで二人の思いが交差する物語であり、真っ直ぐな面白さが出ている物語である。特別じゃなくなっても、今この当たり前は何よりも大切。辿り着いた先、二人はどんな未来へ進んでいくのか。それは分からぬけれど、二人の未来はきっと明るいだろう。 うん、面白かった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • alleine05

    面白かった。思った以上に楽しめた。意外な大当たり。主人公も、ヒロインも、ライバルとなる先輩も、主要キャラ三人とも魅力的。ヒロインは中二病な過去を抱えていてそれにもだえ苦しむ様子がポンコツ可愛いし(笑)、それでいて芽生えた恋心に思い悩む様子がとても王道の恋物語といった感じ。また主人公も先輩も表面上は人当たりのいい姿を見せながらも譲れぬ思いを抱えてまっすぐに目的に向かって邁進する姿が熱さを感じさせていいね。これ一冊で完結だろうけど満足度の高い作品だった。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • リク@ぼっち党員

    三上こたさんのラブコメはやっぱり面白い! 特別に憧れた二人の、特別じゃなくなった後のラブコメ。中二病アイドルが目を覚まして黒歴史化という精神的に過酷なシチュエーション。かつてはアイドルとカメラマン、今は生徒会長候補と推薦人。立場は変わっても相棒として二人三脚で進む姿がとても良かった。世間から見れば特別ではなくなったかもしれないけど、二人にとってはずっとお互いが特別というのがとても伝わってきて、読んでいて幸せな気持ちになれた。本当にいいコンビだ。昔も今も笑いながら思い返せるような未来が続いていくことに期待。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK