神々が支配する世界で 下
読みたい読んだ
読みたい
読んだ

神々が支配する世界で 下

『魔法科』の佐島 勤が贈る、命と正義の物語。
佐島勤 (著者) / 浪人 (イラスト) / 谷裕司 (イラスト)
シリーズ:神々が支配する世界で(電撃文庫)

この作品をストアで探す(宣伝)

  • BookWalkerで購入する
  • Amazonで購入する
  • ebookjapanで購入する
  • コミックシーモアで購入する
  • BookLiveで購入する
  • Rakuten koboで購入する

あらすじ紹介

――でも勝利が常に、幸せな結果になるとは限らない。
 神々の加護を受けた世界を守る者、新島荒士。邪神の力を借りて神々の支配に抗う者、古都鷲丞。
 神々と邪神、そして荒士と鷲丞――双方の対立は解けることなく、戦いは激化していく。戦いの因縁は周囲をも巻き込み、彼らの大切な人へ魔の手が伸びる。
 心を力とする鎧を身に纏い、心を刃とする武器を手にし、己の全てを賭け次元狭界――最終決戦の地へと向かうふたり。
 その戦いの先に待つのは、人類の救済なのか。それともただの虚空なのか。
 これは、神々と共存を強いられた青年たちの命と正義の物語である。

みんなのデータ

  • 0
    評価する
  • 1
    読みたい

みんなからのレビュー

  • よっち

    神々の加護を受けた世界を守る者・新島荒士。邪神の力を借りて神々の支配に抗う者・古都鷲丞。神々の共存を強いられた青年たちの戦いと決着が描かれる下巻。神々と邪神側の戦いは激化していく一方、神々と邪神の戦いの構図も明らかになってゆく中で、戦いの因縁は周囲をも巻き込み、搦手からも彼らの大切な人へも魔の手が伸びていく展開で、荒士相手に劣勢の鷲丞が神鎧の力をさらに引き出すために狂戦士となることを決意したことで、悲劇を積み重ねてゆく先にあった決着は虚しかったですけど、彼に寄り添ってくれる存在がいたのは救いでしたかね…。 続きを読む…

    ネタバレあり
  • こも 零細企業営業

    え?終わり?魔法科と違って周りの人の生命が溢れる。共に戦うから犠牲は付き物なんだろうけど、、そして、結局は地球から離れられないんだな。どんなに技術が進もうが人類は地球から離れなれない。最後はほんの少し不幸じゃなかったからホッとしたけど、その次の仕事は何ともキツそうな仕事だった。本当にこれで終わりなんだろうか? 続きを読む…

    ネタバレあり
  • 凜音

    読了 不自由さと広がりが楽しめる物語でした。 設定周りやキャラの思考は神々の支配する…は関係ないだろうけど神視点で語られるので隅々まで書かれていて読み応えが有りました。邪神と神々の陣営に分かれた対立構図と、タイトルの支配する世界。そういった言葉から読み進める時に緊張感というか、そもそも世界の構造を素直に受け止めて良いのか?何か歪な物はないのか?そういった少し探索したり探る様な気持ちで読み進めていたのでハラハラとして面白かったですね。感情に左右される神鎧や神々の目的。相対する事になる敵との激情の衝突も良し。 続きを読む…

    ネタバレあり
powered by読書メーター

製品情報

  • レーベル
  • 発売日
    2024/07/10
  • 定価
    748円(本体680円+税)
  • ISBN
    9784049155457

感想をシェアしよう

  • ツイートする
  • シェアする
  • 友達に教える
Close
この作品を評価しよう!
Excellent!!!
Very Good!!
Good!
評価入力した作品の著者とイラストレーターは新刊通知の対象として登録するよ。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
この作品の感想を3つ選択してね!
評価と感想はキミのパートナーが記憶するよ。
たくさん登録をしてね!
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
Close
みんなの感想
Close
注意
この作品の「読んだ」を取り消しますか?
あなたの評価と感想が削除され、
本棚からこの作品がなくなります。
はい。取り消します。
キャンセル
注意
この操作を取り消しますか?
はい。取り消します。
キャンセル
エラー
ログインして下さい。
ログイン
キャンセル
成功
本棚の「読みたい」に追加しました。
※データの反映はリアルタイムではなく、1日のうち、アクセスが少ない時間帯に実施しております。
OK